知らない間にオプション料金を払っていた(UQ WiMAX、Y! mobile):未解決

このようなブログを書いているのに、モバイルについての知識はほとんどない。
タブレットを買ったのが約1年前の2016年6月、スマホを買ったのが約半年前の2017年2月で、経験も浅い。

モバイル初心者にとって、新興業者と通信契約を結ぶことは、難しいと感じた。

何が難しいかというと、
  • 知らないうちに知らない契約をしてしまい、
  • オプション料金がかかってしまい、
  • その解約方法が非常に分かりづらい
ということである。

価格比較サイトから誘導されたWiMAXの代理店では、知らないうちに「MyBroadサポート」(月額980円)を契約していた。
パソコンやスマートフォンの困りごとを電話や遠隔操作でサポートしてくれるサービスとのこと。
そもそも、そのサービスの連絡先すら知らなかった。
PCやタブレットはメーカーがサポートしてくれるし、不要。

解約は割と簡単だったが、解約したのが契約後10か月くらいしてから。
つまり9800円+税を無駄に払っていたということになる。

さて2017年2月に契約したY!mobile。
通信料金のほかに月々598円がクレジットカードから引き落とされていた。
明細は「ソフトバンクマトメテシハライ ゴリヨウブン」
c0240934_07512770.jpg

加入月から計算すると3000円も知らないうちに支払っていたことになる。

ソフトバンクとは契約してないので、ソフトバンクのマイページでも対応できない。

色々と調べてみると、
「ワイモバイルまとめて支払い」というサービスが「ソフトバンクマトメテシハライ ゴリヨウブン」として引き落とされるらしい。
いくら系列といっても、クレジットカードの登録名くらい正確にしてほしい。
改めてワイモバイルのWEBサイトでログインして確かめる。
Google Playなどで課金した場合の代金を電話代と一緒に引き落とせるサービスとのこと。

購入したサービスを確認すると、
サービス名「会員向け保証サービス」
提供元「Warranty technology」
c0240934_07511222.jpg
知らない。解約方法が分からない。連絡先がメールだけ。
(というわけで顛末はこのブログ記事更新で報告する)

それにしてもモバイルの新興業者は敷居が高い
これ以上何か金を請求されるのでは?と怖い。

も、UQもYも解約してガラケーに戻りたいと思った。
(と、思っても違約金が複雑そうで調べる気力なし)

[PR]
# by 1229n | 2017-07-28 07:54 | PC以外 | Comments(0)

Youtubeの録音(ダウンロード)からウォークマンへのコピーまで

【注意】ダウンロード・録音する音楽の種類によっては著作権法違反になります。十分注意してください。
また、公式サイトからダウンロードした音楽であっても、個人的な利用の範囲を超えるコピーやコピーした音楽の有料配布は著作権法違反になります

今回は、録音方法だけ記述。
1.まず Youtubeの録音したいページを開く。
c0240934_06140425.jpg

2.次に新しいタブでoffliberty.comを開く。
c0240934_06143773.jpg

3.Youtubeの画面に戻り、アドレスを選択。[Ctrl]+[c]でコピーを実行。
c0240934_06153355.jpg

4.再びofflibertyの画面に戻り、図の場所を右クリック、[ctrl]+[v]の同時押しで貼り付けを行う。
貼り付けた場所の下の「OFF」ボタンをクリック。
c0240934_06173289.jpg
5.1~2分すると「Right-clik here and 'Save link as'」という黄色いボタンが出てくるので、そこを右クリックして「対象をファイルに保存」を実行。
保存先はデスクトップなど分かりやすい場所を選択する。
c0240934_06175582.jpg

6.この場合新しい音楽ファイルがデスクトップ上に出ているので、そのファイルを右クリックでプロパティを実行。
(この作業をしないと、ウォークマンへの取り込み時、曲名・アーチスト名が表示できない)
c0240934_06191539.jpg

7.タイトルや、アーティストを入れる欄があるので入力して、「OK」ボタンを押す。
c0240934_06193700.jpg

8.これでパソコンへの取り込みは終了。

ウォークマンへの取り込み。
9.ウォークマンをUSBでパソコンに接続する。
10.WALKMANというドライブができているのでその中の「MUSIC」フォルダにファイルをコピー。
c0240934_06202741.jpg
これでウォークマンで録音(ダウンロード)した音楽を再生できるようになる。

[PR]
# by 1229n | 2017-05-23 06:22 | PC一般 | Comments(0)

Windows 10 Creators Update 適用後、EdgeでAdobe Flash Playerが自動的に実行できない

Windows 10 Creators Update(10.0.15063) 適用後、EdgeでAdobe Flash Playerが自動的に実行できないというトラブルに遭遇。
c0240934_07574340.jpg
この動画配信サイトShowroomの画面のように、
  • サイト側からはフラッシュプレーヤーがインストールされていないように認識される。
  • ブラウザー側からはFlashコンテンツがブロックされたと認識される。
フラッシュを使った広告などは自動的に表示されるので、何か設定の問題であろう。
今のところ、実行ダイアログで「一度のみ許可」または「常に許可」をクリックすれば、回避できるので大きな問題とはなっていない。
c0240934_08025329.jpg


念のため、Edgeの設定を見てみたが、特に今まで(異常が出る前)とは変わっていない。

保証期間過ぎているし、買った時のOSは8.1なのでメーカーがサポートしてくれるか不明。
オンラインゲームのRailnationでは、同じ現象が出なくなっていた。
何も特別な対策をした覚えはない。

取り合えず、方針
  1. 特に何も切り分けせず、最新のAdobe Flash Playerをインストールして試してみる。
    →すでに最新版 (バージョンは25.0.0.148、2017年4月26日時点の最新版であった。古いバージョンの問題ではなさそうだ。
    )
  2. Adobeのサイトに行って、情報を探してみる。
    adobeのサイトに情報が載っていたが、解決には至らなかった。
    (すでに「Adobe Flash Playerの使用」はオンになっているため)
  3. ブラウザにFlashコンテンツがブロックされて時点で「常に許可」をクリックして、動作を再確認する。
    c0240934_07090520.jpg
    一瞬「フラッシュがインストールされてない」というメッセージが出てから、正常表示
    c0240934_07111203.jpg


一応使い物になるので、ここでトラブルシューティング中断。

と、ここまでしたところで、フラッシュに関するエラーメッセージが一切表示されなくなった。
特に設定をいじった覚えはない。
Windowsのバージョンは 10.0.15063 のままである。
c0240934_17112908.jpg
あまり、スッキリしないがこれにてトラブルシューティング終了。
ちなみにPCは以下のとおりである。発売当時モニターなしで10万円程度で買えたミドルクラスのPC
  • メーカーおよび機種名:日本HP 500-540jp (2015年春モデル)
  • CPU:Intel Core i7-4790 CPU
  • メモリ:8GB DDR3-1600 / PC3-12800 DDR3 SDRAM UDIMM

[PR]
# by 1229n | 2017-05-11 17:23 | PC一般 | Comments(0)