Babylon翻訳ソフト&ツールバーの評判が悪いので

Babylon翻訳ソフト&ツールバーの評判が悪いので、
インストール~試用~アンインストールまで実際に試してみた。

まとめ。
  • 英和辞書としての品質はよくない
  • 多少の欠陥があってもいいならどうぞ。でもalc のほうが多少使いやすい。
  • 有償版もあるけど、トライアルを見てみる限り品質には期待できない。


インストール
  • 気をつけないと、要らない機能を徹底的に入れられてしまう

アンインストール
  • あちこちでインストール後のトラブルを聞くが、コントロールパネルから通常にアンインストールできた。
  • アンインストール時に確認メッセージがうるさかった。
  • アンインストール後もBabylonがスタートページになったまま(わざと?)
  • ちなみに期限切れになった後も、プログラムは残りしつこく購入を勧めてくる。
  • レジストリにもいっぱい「babylon」というキー等が残っていた。





c0240934_2233366.jpg

http://babylon.com/ にアクセスすると日本語ページにリダイレクトされる。
無料ダウンロードをクリック

ダウンロードが完了したら、実行ボタンを押す。
c0240934_2271939.jpg

セキュリティの警告は無視してとりあえず実行。

c0240934_228632.jpg
c0240934_2282619.jpg

日本語OSで実行している場合は、自動的にセットアップ言語に「日本語」が選ばれているようだ。
75カ国語の翻訳が、ワンクリックでできるなど「おいしい」ことが書いてある。
c0240934_229759.jpg

さて、セットアップで「日本語」が選ばれているにもかかわらず、英文表示になる。

上のほうは「『Accept and Install』をクリックしたことによって使用許諾と方針に同意したことになります。(後略)」

あえて日本語で書かないことに意味があるのか?
(75カ国語がシングルクリックで翻訳できるソフトを作っている会社なのに胡散臭いなぁ(笑))
ちなみに使用許諾も全部英語で長い、A4の紙4~5枚相当になるんではなかろうか。
しかも内容はコピペも印刷もできない。

下のチェックマークが付いている項目は、上から順に
  • デスクトップにアイコンを作る。
  • Babylonを既定のサーチエンジンにする。
  • スタートページをBabylon Searchにする。
  • Babylon toolbarをインストールする。

  • 一番上以外はよくよく考えてみればとくに必要ないはずだが、英語を読み飛ばしてしまうと、多分そのまま進んでしまうだろう。

    とりあえず、(実験なので)そのままにして、"Accept and Install"をクリック。

    c0240934_22124880.jpg

    セットアップ完了。
    c0240934_22131574.jpg

    デフォルトでは右マウスボタンと[Ctrl]キーで翻訳ができるみたいだ。
    Babylonのアップデートにメールアドレスを入れるよう、チェックが付いている
    「現在のホームページ設定と既定の検索エンジン設定を簡単に後で復元できます。」にチェックが付いていない。(これは後々のためにチェックを入れるべきだろうが、実験なので)そのまま「終了ボタン」を押す。
    c0240934_2213362.jpg

    なぜかエラー発生。

    c0240934_2214054.jpg

    それでも「バビロンを使う方法」というのが表示される。

    右下にある「後で私を示してください」という日本語が意味不明。
    思わず、「これって翻訳ソフトだろうがっ!」と突っ込みたくなる。


    c0240934_22142817.jpg

    ちなみに「今すぐゲット」をクリックすると、ブラウザで有料ソフトの購入ページが表示される
    ライセンスが 109ドル…。高いのか安いのかは実際に有料版を使っていないのでコメントしない。
    「使用通貨を選択しなさい」などの日本語がこなれていない。
    思わず、「これって翻訳ソフトだろうがっ!」と(ry)

    c0240934_22145414.jpg

    購入画面をしばらく放っておいたら、コンタクト先を入れるようポップアップが出てきた。

    とりあえず、購入しないのでIEを全部閉じる。

    c0240934_22151950.jpg

    何もしていないのにプログラムが起動していた。


    単語「minute 」で性能テスト
    c0240934_22154798.jpg

    ずいぶん簡単だね。
    名詞の「議事録」と言う意味が書いていない。
    形容詞で「些細な」という意味の場合の発音が違う。(カタカナで書くとマイニュートとならなければいけない)

    ちなみに「ロングマン英和辞典」2007年2月版では(桐原書店)では、名詞で「(時間の)分」、「ちょっとの間」、「瞬間」、「(複数形で)議事録」、「(単数形で)覚え書き」「(角度の)分」
    形容詞で「微小の、ごくわずかな」「(検査・調査などが)詳細な、精密な」
    である。
    市販の辞書に比べて大幅な省略がある
    c0240934_22172049.jpg

    下のほうにスクロールしていくとジーニアス英和大辞典が出ていて、そこに詳細が載っている。
    ただしスピーカーボタンを押して聞こえてくる発音はでたらめ、最初のAsteriskまで読みあげている。後は私のリスコンが悪いのでなんて言っているのか分からない。
    とにかく "minute"と発音していないことだけは確か。

    c0240934_22175582.jpg

    (当然だが)IEのスタートページは、babylonになってしまった。
    Googleとデザインが似ている。
    Babylonツールバーもインストールされてしまっている。
    タイトルバー右上に「b」ボタン(Babylon起動)まで。

    徹底的にブラウザの設定を変えてしまうなぁ。

    右クリックしてBabylon toolbar を非表示に。

    インターネットオプションでスタートページを元に戻す。
    これで右上のbボタン以外、見た目正常。

    コントロールパネルのプログラムの追加と削除で素直に消せるか、挑戦。
    プログラムの追加と削除にBabylonとBabylon toolbar for IE がきちんとリストされていた。
    c0240934_22201446.jpg

    まずはBabylon本体をアンインストール。

    「削除ボタンを」押したが、確認メッセージがしつこい。
    アンインストール画面なのに、購入ページへのリンクがうるさい
    c0240934_22361369.jpg

    c0240934_22195362.jpg

    削除が完了しても、まだ購入を勧めてくる。IEが立ち上がりこんな画面が出てきた。
    toolbarも同様にアンインストール

    c0240934_22205064.jpg

    なんと、この場で「はい」を押すとアンインストールされても、スタートページはbabylonのままになってしまう。なんというトラップ!

    アンインストール完了後、またIEが立ち上がり、購入を促す画面が...。
    c0240934_22213254.jpg



    で、スタートページを元に戻したはずなのに、なぜかIEを立ち上げると Babylonがスタートページになっている。


    もう一度、スタートページを設定しなおしておしまい。

    簡単にもう一度結論:
    • このソフトは使えない。
    • アンインストールも初心者には難しい。

    [PR]
by 1229n | 2012-02-19 22:32 | PC一般 | Comments(0)
<< アダルトワンクリック詐欺に引っ...