PDF変換ソフト

2007以降のMicrosoft Office等でもPDFで保存できるようになったが、メモ帳やインターネットエクスプローラーなどPDF保存未対応のソフトでPDFを作成したいときに、使えるのがPDF変換ソフト。

有名なのは、
PrimoPDF 日本語版
CubePDF

どちらも、文書のプロパティ(タイトル、作成者、サブタイトル、キーワード)、PDFのセキュリティ(文書を開くときのパスワード、印刷の可否)などの基本的な機能を備えている。

【結論】
・立ち上がりが速いほうがいいならPrimo PDF。
・PDF以外にもいろいろなファイル形式に変換したいならCube PDF。
・デフォルトでPDF変換ソフトとして使う分には大差なし。
ま、どちらも無料なので、両方試してみて自分に相性がいいと思うほうを選べばよろしい。



c0240934_22135733.jpg


c0240934_22135114.jpg

ま、設定画面も好みが分かれるでしょうね。

結論にも書いたがPDF以外にもいろいろなファイル形式に変換したいならCube PDF。
c0240934_22154377.jpg

ファイルタイプが、PDFのほかPS、EPS、SVG、PNG、JPG、BMP、TIFFから選べる。
TIFFの場合はマルチページTIFFになる。JPGの場合は、1ページにつき1ファイル。

【蛇足の蛇足】
立ち上がりのスピード
・Primo PDFは、デフォルトの場合、2ページ分くらいのPDFは、1秒以内で作成完了。
・Cube PDFは、PDF変換画面が出るまで10秒くらいかかった。(PCやネットワークのせいかもしれないが検証していない)
[PR]
by 1229n | 2012-02-28 22:20 | PDF関連 | Comments(0)
<< Windows 8 Custo... 1GBのテキストファイルを開く... >>