パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法

私は、フリーメール、QAサイト、オンラインバンキング、ネットショップ、ネット株取引などでたくさんのパスワードを持っております。(合計で24種類)。

個々のパスワードって覚えるの大変ですよね。
またパスワードのメモを、パソコンの前に貼っておくのは危険ですよね。

そこで、掲題通り、「パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法」を紹介いたします。手順は簡単です。必要なものは、少しの記憶力と1枚の紙です。

手順
  • まず自分なりの文字変換ルールを3個程度作ります。
    (例:
    • 「1」(数字の1)は「!」に変える
    • 「K」の文字があったら2連続にする
    • 数字の9をアルファベットのQに変える
    • 「A」は「@」に変える
    • など...
      (私は勝手にこの文字変換ルールを「スクランブル・ルール」と言っています。「スクランブル・ルール」は多ければ多いほど安全なのですが、覚えるのには3~5種類程度の作成が適切と思います。)
    • 自分の覚えている事柄(昔住んでいた住所、初恋の人など)を「スクランブル・ルール」を使って暗号化
    • それを基にヒントを紙にメモして貼っておく

    それだけです。

    私は、このようなメモをパソコンの近くに貼っています。
    c0240934_1151913.jpg

    2番目の「立川のスクランブル」という表現ですが、私のリアルを知っている人でも立川が名字か地名かすら推測できません。
    仮に地名だった場合、私の引越し歴か行き先を調べ、そしてテレパシーを使って変換ルールを見破らない限りパスワードがばれることはありません。

    3番目の「初めて乗った飛行機の便名」ですが、これは暗号化してません。
    でも、ハッカーが私の旅行歴を調べて世界中の航空会社の乗客名簿に不正アクセスでもしない限り、パスワードは見破られません。

    1番目は、知り合いが見たらもしかして推測できてしまうのでは?と思って隠しました。

    で、パスワードの作成とメモの方法の例ですが
    たとえば、
    ・以前、「熊本県熊本市東区月出9−1−100」に住んでいた。
    ・数字の1は英文小文字の「l」(エル)にスクランブルする。
    ・数字の9は「Q」にスクランブルする。

    という場合、
    ・パスワードは「kkhtQ-l-l00」
    ・メモは 「熊本、スクランブル」
    とすればよいのです。

    これである程度安全にパスワードの作成とメモができます。
    [PR]
by 1229n | 2013-04-16 11:51 | PC一般 | Comments(0)
<< パソコンを分解せずに、中の部品... 暗証番号などを印刷しておいても... >>