パソコンを分解せずに、中の部品メーカーなどを知る方法(For Windows)

ノートパソコンやメーカー製パソコンを分解して、マザーボードやスロットなどの情報をメモするって大変ですよね。
また、自作パソコンの場合も同様と思います。
質問サイトやメーカーサポートへの質問の際、構成部品が分かった方が便利ですよね?

そんな確認作業も「HWiNFO32」または「HWiNFO64」というソフトを使えば、簡単にできます。
対応OSはWindows 95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8 です。

これだけ分かれば、自分で検索もインストールもできるという中級者以上の方は、[続きを読む]ボタンをクリックする必要はありません。

具体的な画面例、検索方法などを知りたい方は、[続きを読む]ボタンをクリックしてください。




古いバージョンでレビューしたので、若干画面構成などが変わっている場合があります。
ご了承ください。

詳しい説明は、「窓の杜」にあります。

正常にインストールできた場合、
起動すると「次のプログラムにコンピューターの変更を許可しますか?」とWindowsから警告ダイアログが出ますので、「はい」を選択します。

このような、ダイアログが出ますので「Run」ボタンをクリックします。
パソコンのスペックにもよりますが一瞬から数秒程度でこんな画面が出ます。
c0240934_6493689.jpg


グラフィックボードが nVIDIA GeForce GT 430、CPUがnVIDIA GeForce GT 430、ハードディスクのメーカー名・型番などパソコンの中の情報が分かります。
Made in Japanですが、マザーボードがFoxconn(台湾メーカー)製であることも分かります。
(まあ日本製マザーボードなんてコンテックなどのインダストリアルPCくらいしかないでしょうけど...。)

c0240934_6494719.jpg


またメモリの製造元や容量、各部品のレビジョン情報など「分解しても分かりにくい」情報が取得できます。

c0240934_6511561.jpg

(ユーザー名は隠す必要ないのですが、私の名前はある有名人と同姓同名で、その方に迷惑がかからないよう、モザイクを入れています。)

あとは適当にいじってもハードウェアを壊す心配はないので、色々と試してください。
ウィルス対策ソフト(Avast フリー版)でチェックしたところ、特にウィルスは仕込まれていませんでした。

ちなみにWindows 7 Home 32bit版用をインストールしたとき、コントロールパネルでHDD使用容量を見たら、3.07MB (GBではありません)でしたので、ハードディスクを圧迫する心配はほとんどありません。

日本語化もできるそうですが、まだ試していません。

コメントをいただければ、追加情報を投稿するか、分かる範囲でお答えします。
(タイムリーな返答はお約束できませんが...)

このような素晴らしいソフトを無料で提供してくれる作者様に感謝。

このレビューの使用環境(ちなみにこのソフトから右クリックでコピペしてきました)
こういうコピペ機能も、メーカーへの質問や、QAサイトへの投稿のときに便利です。

Computer Brand Name: HP-Pavilion AV889AV-ABJ e9260jp

Operating System: Microsoft Windows 7 Home Premium Build 7601

Drive Model: Seagate ST3320418AS

Drive Model: Hitachi HDS721616PLA380
[PR]
by 1229n | 2013-04-21 06:52 | PC一般 | Comments(0)
<< 「消えてしまったホームページを... パスワードのメモを貼ってい置い... >>