「消えてしまったホームページを見る方法 (初心者向け)」

中級~上級者の方へ、この記事は初心者向けに書いているので「ホームページ」という表現を「ウェブサイト」の意味で使っています。

本題ですが。
ホームページの内容ってしょっちゅう更新されますよね?
また、会社や個人がホームページを閉鎖する場合もありますよね?

それでも「古い情報が欲しい」とき、お勧めのサイトがあります。
運が良ければ、閉鎖されたホームページでもある程度、閲覧できます。

アメリカのInternet Archive というサイトです。
アドレスは、 http://archive.org です。
英語ですが、基本的な操作だけでしたら簡単です。

画面と使用例の説明をします。
(あとは、自分で英語の説明を読んで分かるという方は、「続きを読む」リンクを押さないでもけっこうです。)




これがトップ画面です。
赤丸で囲った項目のWayback Machine に知りたいホームページのアドレスを入れて[Take me back]ボタンを押します。
c0240934_124876.jpg

(例では 2007年に破産してホームページを閉鎖したIT企業、株式会社アドテックスのホームページアドレスのhttp://adtx.com/を入れました。
本当はもっと分かりやすいホームページがあるのですが、無断転載禁止で画面キャプチャを投稿することができませんので…。)

古いホームページが保存されていれば、こんな画面が出てきます。
英語が読めなくても、2004~2007年あたりまで多くのページが保存されているなと見当がつきます。
c0240934_132472.jpg

見たい年をクリックします。(ここでは 2006年を例にします。)
こんなカレンダーみたいな画面が出てきます。
c0240934_135610.jpg

水色の丸で囲ってある日付は、「その日付時点でのホームページ情報の保存があります。」という意味です。

ここではカレンダーの2月17日の水色の丸をクリックします。
こんな画面が出てきました。
c0240934_142051.jpg


出てきた画面のリンクをクリックすると日本語もほぼ文字化けせずに、ある程度正確に再現されていることが分かります。
(経営不振のお詫びの文章みたいですね。)
c0240934_145362.jpg


この機能、「古いホームページの情報が欲しい」というときだけでなく「サポート終了の古いOS用のドライバをダウンロードしたい」などのときに便利です。
(ただし10種類のドライバダウンロードページで試したのですが、成功したのは3件だけでした。何か制約か制限があるみたいです。)

操作のコツなどコメントをいただければ分かる範囲で回答します。(返答率は100%です。)しかし私の反応は遅いので、それよりもインターネットの質問サイトで聞いた方が早いかもしれません。

次回掲載予定は、「高校生レベルの英語でもアメリカの質問サイトを使ってみる」です。
掲載予定日は未定ですが、1か月以内には更新したいと思っております。
記事を最後までお読みいただき、ありがとうございました。
素晴らしいサービスを無料で提供している「Internet Archive」の運営者様にも感謝します。
[PR]
by 1229n | 2013-04-29 01:05 | PC一般 | Comments(0)
<< ネットバンキングの「使い捨てパ... パソコンを分解せずに、中の部品... >>