パワーポイントなしでもプレゼン資料がつくれる(初心者~中級者向け)

こちらにもっと簡単な方法を書きました。
Microsoft Office Word とAdobe Readerでプレゼンテーションを行う方法です。
2015/02/15 21:16(UTC+9)


一時的にほかの人に管理を任せていましたが、「とにかく、予告通りの記事を書かなくちゃ」と書いたものです。役にはあまりたたないのでは?
(その割には手間がかかった^^;)


最近のパソコンはパワーポイントを省いた「Microsoft Office Personal」だけをインストールしたパソコンが増えてますよね。
また、Power Pointって少々高価ですよね。

そこでパワーポイントなしでプレゼンテーション資料を作る方法を紹介します。

1.フリーソフト LibreOffice を導入して、パワーポイントほぼ互換の「LibreOffice Impress」を使う。
(操作方法はPowerPoint 2003に似ていますので、中級者以上の方は、これで充分だと思います。)
c0240934_20584013.jpg



ここから下は面倒かつ、複雑。
でも、とにかく(更新担当は別人だったけど)予告通りの記事を書こうと思ってやっつけで書いたもの。

2.ワード(Microsoft Office Word)を使って、プレゼンテーションファイルを作成・実行する。
アニメーションなどの効果も使えず、多少操作が面倒くさいですが、けっこう使えます。面倒だけど。

ここでは、Windows 7と Microsoft Office Word 2007 を使った例を説明します。

I. 背景画像の準備 (裏地が真っ白でいいという方は、ここをスキップしてください)
(この方法ですと、多少表示が乱れますので、気にする方は、裏地を白にするという前提で 1-1~6、2-3~6までをスキップしてください)
まず、Windowsに標準で付いている「ペイント」を使って、背景画像を作ります。
1-1. [Windowsボタン]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[ペイント] で[ペイント]を起動します。
1-2. [ホーム]タブの[サイズ変更]で[縦横比を維持する]のチェックをはずし、[単位]をピクセルにします。
c0240934_20594129.jpg

1-3. ピクセルは 横= 1024 縦 = 768 でいいでしょう。(ワイド画面ですと左右に余白が出ますが、とりあえず気にしない。)
1-4. ペイントで背景画像を作り、保存します。(画像全体が見渡せないときはCtrlキーとマウスのホイールで調整します。)
c0240934_210263.jpg

1-5. JPEG画像で背景を保存します。
c0240934_2103045.jpg

1-6. ペイントを終了し、これで背景画像の準備は完了。

II. ワードでプレゼンテーションファイルの下地を作る。
(裏地が真っ白でいいという方は、2-3~6までをスキップしてください。)
2-1. Microsoft Ofiice Word を起動します。
2-2. [ページレイアウト]タブで[余白]→[ユーザー設定の余白]で上下左右の余白を0 mmに設定します。、印刷の向きも横にします
(Wordから印刷不可能な…とメッセージが出ますが、そこでは「無視」を選択します。)
c0240934_2105298.jpg

2-3. まだ、[ページレイアウト]タブからは移動しません。[ページの背景] → [ページの色]→[塗りつぶし効果]と進みます。
2-4.[図]タブを選択して[図の選択]ボタンを押します。
c0240934_211828.jpg

2-5.最初に作った背景画像を選択します。
c0240934_2112213.jpg

2-6.多少、不格好になるけど気にしない。(気にするかたは、裏地白で再チャレンジしてください)
2-7.[Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにして、プレゼンのイメージを確認します。
(ESCキーで元に戻ります)
c0240934_2125267.jpg


III. ワードでプレゼンテーションファイルを作る。
3-1. [挿入]→[テキストボックス]や[挿入]→図→グラフ、写真のコピペなどでプレゼンテーションファイルを作ります。
(ページを新たに追加したいときは空白のページをクリックします。)
現在のページの「前」に追加されても気にしない。
その時は、逆順にページを作ればいいです。

IV. プレゼンをする
4-1. ワードで作ったプレゼンファイルを開きます。
4-2. [Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにする。
4-3. [Ctrl] +マウスのホイールでちょうどいい表示の大きさにする。
4-4. ページを逆順に作った時には、[Ctrl]+[Page UP]、正順に作った場合は[Ctrl]+[Page Down]で次のページに移る。
c0240934_2121457.jpg

c0240934_212268.jpg



とここまで書いておいてなんですけど、本当に面倒ですね。
一定のワードスキルがある人なら、
・普通に文章を大きめの字でつくる。
・写真などを挿入してアクセントをつける
・[Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにする。

この3ステップで、いいと思います。

それか、LibreOfficeを使うか。
(パワーポイント形式でファイルが保存できます。複雑なアニメやほぼ互換です。)


役に立たない記事で申し訳ありませんでした。m_ _m
[PR]
by 1229n | 2013-07-03 21:04 | PC一般 | Comments(0)
<< 1GB, いや2GBのテキスト... 有料なのに「役に立たない」Te... >>