無料(フリー)のレジストリークリーナー(Windows 10)体験記

2013年にレジストリクリーナーの製品レビューを記事にしてから時間がたっているので、改めてその動作を確認した。

テスト方法
  1. 無効な値やキーを含むレジストリを持ったWindows 10のPCを用意する。
    レジストリエディターでコンピュータ\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEMに無効な値やキーを7個入れる。
    c0240934_2216223.jpg


    他にSlimWareというドライバアップデートユーティリティ(一部ではインチキ製品と言われている。私は完全にインチキ製品だと思っている)をアンインストールしたときの残骸。
    c0240934_22170100.jpg

    掲載のスクリーンキャプチャのほかに2か所。
  2. Googleで「レジストリクリーナー フリー」のキーワードで検索し、最上位に表示されたサイト(そのサイトがソフトの一覧だった場合はその最上位)のソフトのレジストリークリーナーをインストールし、試す。

「無料レジストリ掃除・最適化ソフト一覧 - フリーソフト100」が最上位に表示された。
そのなかで「無料レジストリ掃除・最適化ソフト配布サイト」としてトップに挙げられているのが、CCleanerである。

「無料レジストリ掃除」として紹介されているのに、ダウンロード画面に行くと、「完全なクリーニング」は有料(年間24.95米ドル)である。
c0240934_2218346.jpg


紹介している freesoft-100.comが悪いのか、開発元のPiriformが悪いのか分からないが、フリーでないものをフリーとして紹介しているのが気に障る。
とりあえず Freeと書いてあるものをダウンロード。
インストーラーは日本語対応。
c0240934_2218478.jpg
c0240934_22191353.jpg



途中でインストールオプション画面が出るが、意味の分からないものはチェックマークを外す。
インストールが完了して出てきたのが、この画面。
c0240934_22195436.jpg


レジストリーをこのソフトで解析してみる。
ん?このアプリは自分でも気づいていない無駄なレジストリーを挙げている。
c0240934_22203382.jpg

もしかして効果があるのか?と思った。
1643点のレジストリ掃除が終わった。
しかしながら、最初に用意した無効なレジストリもSlimWareに関するエントリーも削除されていなかった。
c0240934_22204663.jpg

c0240934_22205281.jpg

まとめ

  • CCleanerには、しつこい有償版の購入画面や隠れたコストはない。
  • CCleanerは、ある程度、レジストリから無効な値やキーを取り除いてくれる。
  • CCleanerは、無駄なレジストリキーのすべてを削除してくれるわけではない。
  • したがって、このアプリが良いものであるかどうかは、このブログでは判定できない。
  • PCの起動時間に関しては正式に計測していないが、特に早くなったなどの実感なし。

追記

[PR]
by 1229n | 2016-03-09 22:22 | マルウエア・クッキー等 | Comments(0)
<< Youtubeダウンロードソフ... Skypeで見知らぬ人からのメ... >>