カテゴリ:PC一般( 34 )

検索しないほうがいい言葉

1.「ウォーリーを探さないで」この言葉を検索してはいけません。
心臓の悪い方は特に。
Youtubeに公開されている画像を埋め込みましたが、ショックに弱い方は再生ボタンを押さないでください。


2.「蓮コラ」この言葉も検索してはいけません。
2003年ころに流行したグロテスク画像です。
リンク先の下のほうまで見ると鳥肌の立つ画像が...。
こちら
これでも、一番ショックの少ないページを選んだんですよ。

グロいのが嫌いな人は、くれぐれもGoogle イメージ検索なんてしないように。

-----
2013年9月5日8:30am追記
教えて! goo に 「検索してはいけない言葉」というまとめ記事が掲載されました
この記事よりわかりやすく、しかも量も豊富にまとめてあります。
心臓の強い方はどうぞ^^
[PR]
by 1229n | 2013-08-27 22:58 | PC一般 | Comments(0)

パワーポイントなしでもプレゼン資料がつくれる(初心者~中級者向け)

こちらにもっと簡単な方法を書きました。
Microsoft Office Word とAdobe Readerでプレゼンテーションを行う方法です。
2015/02/15 21:16(UTC+9)


一時的にほかの人に管理を任せていましたが、「とにかく、予告通りの記事を書かなくちゃ」と書いたものです。役にはあまりたたないのでは?
(その割には手間がかかった^^;)


最近のパソコンはパワーポイントを省いた「Microsoft Office Personal」だけをインストールしたパソコンが増えてますよね。
また、Power Pointって少々高価ですよね。

そこでパワーポイントなしでプレゼンテーション資料を作る方法を紹介します。

1.フリーソフト LibreOffice を導入して、パワーポイントほぼ互換の「LibreOffice Impress」を使う。
(操作方法はPowerPoint 2003に似ていますので、中級者以上の方は、これで充分だと思います。)
c0240934_20584013.jpg



ここから下は面倒かつ、複雑。
でも、とにかく(更新担当は別人だったけど)予告通りの記事を書こうと思ってやっつけで書いたもの。

2.ワード(Microsoft Office Word)を使って、プレゼンテーションファイルを作成・実行する。
アニメーションなどの効果も使えず、多少操作が面倒くさいですが、けっこう使えます。面倒だけど。

ここでは、Windows 7と Microsoft Office Word 2007 を使った例を説明します。

I. 背景画像の準備 (裏地が真っ白でいいという方は、ここをスキップしてください)
(この方法ですと、多少表示が乱れますので、気にする方は、裏地を白にするという前提で 1-1~6、2-3~6までをスキップしてください)
まず、Windowsに標準で付いている「ペイント」を使って、背景画像を作ります。
1-1. [Windowsボタン]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[ペイント] で[ペイント]を起動します。
1-2. [ホーム]タブの[サイズ変更]で[縦横比を維持する]のチェックをはずし、[単位]をピクセルにします。
c0240934_20594129.jpg

1-3. ピクセルは 横= 1024 縦 = 768 でいいでしょう。(ワイド画面ですと左右に余白が出ますが、とりあえず気にしない。)
1-4. ペイントで背景画像を作り、保存します。(画像全体が見渡せないときはCtrlキーとマウスのホイールで調整します。)
c0240934_210263.jpg

1-5. JPEG画像で背景を保存します。
c0240934_2103045.jpg

1-6. ペイントを終了し、これで背景画像の準備は完了。

II. ワードでプレゼンテーションファイルの下地を作る。
(裏地が真っ白でいいという方は、2-3~6までをスキップしてください。)
2-1. Microsoft Ofiice Word を起動します。
2-2. [ページレイアウト]タブで[余白]→[ユーザー設定の余白]で上下左右の余白を0 mmに設定します。、印刷の向きも横にします
(Wordから印刷不可能な…とメッセージが出ますが、そこでは「無視」を選択します。)
c0240934_2105298.jpg

2-3. まだ、[ページレイアウト]タブからは移動しません。[ページの背景] → [ページの色]→[塗りつぶし効果]と進みます。
2-4.[図]タブを選択して[図の選択]ボタンを押します。
c0240934_211828.jpg

2-5.最初に作った背景画像を選択します。
c0240934_2112213.jpg

2-6.多少、不格好になるけど気にしない。(気にするかたは、裏地白で再チャレンジしてください)
2-7.[Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにして、プレゼンのイメージを確認します。
(ESCキーで元に戻ります)
c0240934_2125267.jpg


III. ワードでプレゼンテーションファイルを作る。
3-1. [挿入]→[テキストボックス]や[挿入]→図→グラフ、写真のコピペなどでプレゼンテーションファイルを作ります。
(ページを新たに追加したいときは空白のページをクリックします。)
現在のページの「前」に追加されても気にしない。
その時は、逆順にページを作ればいいです。

IV. プレゼンをする
4-1. ワードで作ったプレゼンファイルを開きます。
4-2. [Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにする。
4-3. [Ctrl] +マウスのホイールでちょうどいい表示の大きさにする。
4-4. ページを逆順に作った時には、[Ctrl]+[Page UP]、正順に作った場合は[Ctrl]+[Page Down]で次のページに移る。
c0240934_2121457.jpg

c0240934_212268.jpg



とここまで書いておいてなんですけど、本当に面倒ですね。
一定のワードスキルがある人なら、
・普通に文章を大きめの字でつくる。
・写真などを挿入してアクセントをつける
・[Ctrl] + [u] + [v] の同時押しで全画面表示モードにする。

この3ステップで、いいと思います。

それか、LibreOfficeを使うか。
(パワーポイント形式でファイルが保存できます。複雑なアニメやほぼ互換です。)


役に立たない記事で申し訳ありませんでした。m_ _m
[PR]
by 1229n | 2013-07-03 21:04 | PC一般 | Comments(0)

有料なのに「役に立たない」Text-to-speech software "NaturalReader 10"

珍しく有料ソフトウェアのレビューです。
c0240934_9403377.jpg

"NaturalReader 10"は、英文のテキスト読みあげをするソフトウェアです。
Microsoft Office Wordのアドインとしても使え、ワードの英文を読みあげたり、MP3形式で音声を保存したりすることもできます。
c0240934_9421213.jpg

"Text-to-speech software"で検索したら、"NaturalReader 10"がヒットして、例文の読み上げもきれいな英語だったので購入してみました。

購入価格は、約5000円です。

実際に使ってみたら、
blog を ビー・エル・オウ・ジーと読みあげる。
I have only 15 minutes for the presentation (私はプレゼンテーションに15分しか時間がなかった)の "minutes" を"マイニュート" と読みあげる。
(カタカナで書けば正しい発音は"ミニッツ")

この不具合に対して、開発元のサポートに問い合わせたところ、
”添付の「発音編集ソフト」を使ってください。”とのこと。

私の目的は英語のヒアリングの勉強でした。いちいち「アメリカ製の」発音ソフトを修正するなんてできない。

少なくとも、日本人の英語学習者にとっては、「使えない」ソフトです。
フランス語やドイツ語にも対応しているようですが、似たようなものでしょう。

結局、無駄な買い物になってしましました。
[PR]
by 1229n | 2013-06-20 09:43 | PC一般 | Comments(0)

(初心者向け) フリーフォントで文書をもっと魅力的に

ワードやエクセルなどを使って文章を作成する場合、フリーフォントを使って体裁をもっと魅力的にすることができます。
ワードアートなどの複雑な機能を使わずにできるので便利です。

フリーフォントは窓の杜から手に入れることができます。

(他にも役に立つサイトはあるのですが、サイトによっては勝手に要らないソフトをインストールされたり、悪意のある広告が掲載されていたりします。)

フォントの追加は簡単です。
ダウンロードしたフォントファイルをダブルクリックして「インストール」をクリックするだけです。
(Windows 7の場合の例を画像でアップします。)
c0240934_14122823.jpg

サンプルを見て気に入ったものでない場合、単にファイルを削除するか、(ハードディスクやPCの処理能力に余裕があれば)放置するだけです。

ワードやエクセルを持っている場合フォントの変更は簡単です。
文字列を選択してホームでフォントを選ぶだけです。
c0240934_1412661.jpg

う~む「GD-高速道路ゴシックJA-OTF」は一部の漢字に対応していないようですね。

メールに使う場合は、受取人がそのフォントを持っていないと正しく表示されませんのでご注意ください。

ちなみにわたしのお気に入りはみかちゃんフォントです。
c0240934_14124773.jpg

[PR]
by 1229n | 2013-05-19 14:13 | PC一般 | Comments(0)

ネットバンキングの「使い捨てパスワード」も盗まれる。

2013年5月4日の朝日新聞朝刊の報道によれば、比較的安全とされているネットバンキングの使い捨てパスワードも盗まれるという被害があるとのことです。
ウィルスを意図的に仕組まれるらしいです。
2011年の被害額は165件、被害総額は約3億800万円。

警察はネットバンキングの利用者に
・ワンタイムのメールをPCではなく携帯電話などで受け取る。
・ウィルス対策ソフトを常に更新する。
などを呼び掛けているそうです。

(1229nからの追加:Mac OS Xは比較的ウィルスにかかりにくいのですが、被害にあう可能性はゼロではありません。できる限りセキュリティソフトの導入をお勧めします。)
[PR]
by 1229n | 2013-05-06 01:50 | PC一般 | Comments(0)

「消えてしまったホームページを見る方法 (初心者向け)」

中級~上級者の方へ、この記事は初心者向けに書いているので「ホームページ」という表現を「ウェブサイト」の意味で使っています。

本題ですが。
ホームページの内容ってしょっちゅう更新されますよね?
また、会社や個人がホームページを閉鎖する場合もありますよね?

それでも「古い情報が欲しい」とき、お勧めのサイトがあります。
運が良ければ、閉鎖されたホームページでもある程度、閲覧できます。

アメリカのInternet Archive というサイトです。
アドレスは、 http://archive.org です。
英語ですが、基本的な操作だけでしたら簡単です。

画面と使用例の説明をします。
(あとは、自分で英語の説明を読んで分かるという方は、「続きを読む」リンクを押さないでもけっこうです。)

続きを読む
[PR]
by 1229n | 2013-04-29 01:05 | PC一般 | Comments(0)

パソコンを分解せずに、中の部品メーカーなどを知る方法(For Windows)

ノートパソコンやメーカー製パソコンを分解して、マザーボードやスロットなどの情報をメモするって大変ですよね。
また、自作パソコンの場合も同様と思います。
質問サイトやメーカーサポートへの質問の際、構成部品が分かった方が便利ですよね?

そんな確認作業も「HWiNFO32」または「HWiNFO64」というソフトを使えば、簡単にできます。
対応OSはWindows 95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8 です。

これだけ分かれば、自分で検索もインストールもできるという中級者以上の方は、[続きを読む]ボタンをクリックする必要はありません。

具体的な画面例、検索方法などを知りたい方は、[続きを読む]ボタンをクリックしてください。

続きを読む
[PR]
by 1229n | 2013-04-21 06:52 | PC一般 | Comments(0)

パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法

私は、フリーメール、QAサイト、オンラインバンキング、ネットショップ、ネット株取引などでたくさんのパスワードを持っております。(合計で24種類)。

個々のパスワードって覚えるの大変ですよね。
またパスワードのメモを、パソコンの前に貼っておくのは危険ですよね。

そこで、掲題通り、「パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法」を紹介いたします。手順は簡単です。必要なものは、少しの記憶力と1枚の紙です。

手順
  • まず自分なりの文字変換ルールを3個程度作ります。
    (例:
    • 「1」(数字の1)は「!」に変える
    • 「K」の文字があったら2連続にする
    • 数字の9をアルファベットのQに変える
    • 「A」は「@」に変える
    • など...
      (私は勝手にこの文字変換ルールを「スクランブル・ルール」と言っています。「スクランブル・ルール」は多ければ多いほど安全なのですが、覚えるのには3~5種類程度の作成が適切と思います。)
    • 自分の覚えている事柄(昔住んでいた住所、初恋の人など)を「スクランブル・ルール」を使って暗号化
    • それを基にヒントを紙にメモして貼っておく

    それだけです。

    私は、このようなメモをパソコンの近くに貼っています。
    c0240934_1151913.jpg

    2番目の「立川のスクランブル」という表現ですが、私のリアルを知っている人でも立川が名字か地名かすら推測できません。
    仮に地名だった場合、私の引越し歴か行き先を調べ、そしてテレパシーを使って変換ルールを見破らない限りパスワードがばれることはありません。

    3番目の「初めて乗った飛行機の便名」ですが、これは暗号化してません。
    でも、ハッカーが私の旅行歴を調べて世界中の航空会社の乗客名簿に不正アクセスでもしない限り、パスワードは見破られません。

    1番目は、知り合いが見たらもしかして推測できてしまうのでは?と思って隠しました。

    で、パスワードの作成とメモの方法の例ですが
    たとえば、
    ・以前、「熊本県熊本市東区月出9−1−100」に住んでいた。
    ・数字の1は英文小文字の「l」(エル)にスクランブルする。
    ・数字の9は「Q」にスクランブルする。

    という場合、
    ・パスワードは「kkhtQ-l-l00」
    ・メモは 「熊本、スクランブル」
    とすればよいのです。

    これである程度安全にパスワードの作成とメモができます。
    [PR]
by 1229n | 2013-04-16 11:51 | PC一般 | Comments(0)

暗証番号などを印刷しておいても安全な方法

手順)
4桁の暗証番号の場合、何か連続して4つ以上の「自分にしか分からないこと」を見つける。
(学歴、付き合った異性、引っ越し歴、飼っていたペットの名前など何でもOK)

それを基に、下で説明するような表を作る。

例)
添付図のような表を作る。

c0240934_11515110.jpg


これは、
暗証番号が3124。
学歴が難波元町小学校 → 天満中学校 → 福泉高校 → 桃山学院大学。
の場合の例です。

こうすると、自分の学歴さえ思い出せば、下の図のように暗証番号がわかる。

c0240934_11524722.jpg

難波の「な」= 3、天満の「天」= 1、福泉の「福」= 2、桃山学院の「桃」 = 4
と対応してます。

これなら例えメモを見られても、履歴書と一緒にカードを落とすとか、自分の学歴を知っている人に見られるとかしない限り、他人には解読も推測もできません。
(実際に表を作るときには、2枚目の画像のように色をつけてはだめです、もちろん。)

この「自分にしか分からない記憶を使った表」、面倒くさくなければ色々応用でき、より長い暗証番号やパスワードにも対応できます。

ちなみにわたしのキャッシュカードの暗証番号はこれです。絶対に見破られることはないと確信しているのでアップします。(もちろん、「何の記憶によるものか」は公開しません)
c0240934_13583177.jpg


*銀行名と口座番号も公開してしまっても大丈夫と思いますが、万が一のことを考えて公開しません。
すみません、チキンハートで。
[PR]
by 1229n | 2013-04-10 06:10 | PC一般 | Comments(2)

hao123が勝手にスタートページになってしまう

hao123が勝手にトップページになってしまう件を話題としてご提供いただいたので、役に立ちそうなページのリンク。
http://www.geocities.co.jp/Playtown-Yoyo/6130/notes/baidu-hao123.htm
c0240934_20381340.jpg


(ブログ主はリンク先のページの方法を一切試していません。ご了承ください。)

[PR]
by 1229n | 2013-03-02 20:40 | PC一般 | Comments(0)