<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「消えてしまったホームページを見る方法 (初心者向け)」

中級~上級者の方へ、この記事は初心者向けに書いているので「ホームページ」という表現を「ウェブサイト」の意味で使っています。

本題ですが。
ホームページの内容ってしょっちゅう更新されますよね?
また、会社や個人がホームページを閉鎖する場合もありますよね?

それでも「古い情報が欲しい」とき、お勧めのサイトがあります。
運が良ければ、閉鎖されたホームページでもある程度、閲覧できます。

アメリカのInternet Archive というサイトです。
アドレスは、 http://archive.org です。
英語ですが、基本的な操作だけでしたら簡単です。

画面と使用例の説明をします。
(あとは、自分で英語の説明を読んで分かるという方は、「続きを読む」リンクを押さないでもけっこうです。)

続きを読む
[PR]
by 1229n | 2013-04-29 01:05 | PC一般 | Comments(0)

パソコンを分解せずに、中の部品メーカーなどを知る方法(For Windows)

ノートパソコンやメーカー製パソコンを分解して、マザーボードやスロットなどの情報をメモするって大変ですよね。
また、自作パソコンの場合も同様と思います。
質問サイトやメーカーサポートへの質問の際、構成部品が分かった方が便利ですよね?

そんな確認作業も「HWiNFO32」または「HWiNFO64」というソフトを使えば、簡単にできます。
対応OSはWindows 95/98/Me/NT/2000/XP/Server 2003/Vista/Server 2008/7/8 です。

これだけ分かれば、自分で検索もインストールもできるという中級者以上の方は、[続きを読む]ボタンをクリックする必要はありません。

具体的な画面例、検索方法などを知りたい方は、[続きを読む]ボタンをクリックしてください。

続きを読む
[PR]
by 1229n | 2013-04-21 06:52 | PC一般 | Comments(0)

パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法

私は、フリーメール、QAサイト、オンラインバンキング、ネットショップ、ネット株取引などでたくさんのパスワードを持っております。(合計で24種類)。

個々のパスワードって覚えるの大変ですよね。
またパスワードのメモを、パソコンの前に貼っておくのは危険ですよね。

そこで、掲題通り、「パスワードのメモを貼ってい置いてもある程度安全な方法」を紹介いたします。手順は簡単です。必要なものは、少しの記憶力と1枚の紙です。

手順
  • まず自分なりの文字変換ルールを3個程度作ります。
    (例:
    • 「1」(数字の1)は「!」に変える
    • 「K」の文字があったら2連続にする
    • 数字の9をアルファベットのQに変える
    • 「A」は「@」に変える
    • など...
      (私は勝手にこの文字変換ルールを「スクランブル・ルール」と言っています。「スクランブル・ルール」は多ければ多いほど安全なのですが、覚えるのには3~5種類程度の作成が適切と思います。)
    • 自分の覚えている事柄(昔住んでいた住所、初恋の人など)を「スクランブル・ルール」を使って暗号化
    • それを基にヒントを紙にメモして貼っておく

    それだけです。

    私は、このようなメモをパソコンの近くに貼っています。
    c0240934_1151913.jpg

    2番目の「立川のスクランブル」という表現ですが、私のリアルを知っている人でも立川が名字か地名かすら推測できません。
    仮に地名だった場合、私の引越し歴か行き先を調べ、そしてテレパシーを使って変換ルールを見破らない限りパスワードがばれることはありません。

    3番目の「初めて乗った飛行機の便名」ですが、これは暗号化してません。
    でも、ハッカーが私の旅行歴を調べて世界中の航空会社の乗客名簿に不正アクセスでもしない限り、パスワードは見破られません。

    1番目は、知り合いが見たらもしかして推測できてしまうのでは?と思って隠しました。

    で、パスワードの作成とメモの方法の例ですが
    たとえば、
    ・以前、「熊本県熊本市東区月出9−1−100」に住んでいた。
    ・数字の1は英文小文字の「l」(エル)にスクランブルする。
    ・数字の9は「Q」にスクランブルする。

    という場合、
    ・パスワードは「kkhtQ-l-l00」
    ・メモは 「熊本、スクランブル」
    とすればよいのです。

    これである程度安全にパスワードの作成とメモができます。
    [PR]
by 1229n | 2013-04-16 11:51 | PC一般 | Comments(0)

暗証番号などを印刷しておいても安全な方法

手順)
4桁の暗証番号の場合、何か連続して4つ以上の「自分にしか分からないこと」を見つける。
(学歴、付き合った異性、引っ越し歴、飼っていたペットの名前など何でもOK)

それを基に、下で説明するような表を作る。

例)
添付図のような表を作る。

c0240934_11515110.jpg


これは、
暗証番号が3124。
学歴が難波元町小学校 → 天満中学校 → 福泉高校 → 桃山学院大学。
の場合の例です。

こうすると、自分の学歴さえ思い出せば、下の図のように暗証番号がわかる。

c0240934_11524722.jpg

難波の「な」= 3、天満の「天」= 1、福泉の「福」= 2、桃山学院の「桃」 = 4
と対応してます。

これなら例えメモを見られても、履歴書と一緒にカードを落とすとか、自分の学歴を知っている人に見られるとかしない限り、他人には解読も推測もできません。
(実際に表を作るときには、2枚目の画像のように色をつけてはだめです、もちろん。)

この「自分にしか分からない記憶を使った表」、面倒くさくなければ色々応用でき、より長い暗証番号やパスワードにも対応できます。

ちなみにわたしのキャッシュカードの暗証番号はこれです。絶対に見破られることはないと確信しているのでアップします。(もちろん、「何の記憶によるものか」は公開しません)
c0240934_13583177.jpg


*銀行名と口座番号も公開してしまっても大丈夫と思いますが、万が一のことを考えて公開しません。
すみません、チキンハートで。
[PR]
by 1229n | 2013-04-10 06:10 | PC一般 | Comments(2)

Windows 7「Stop:c000021a {Fatal System Error}」修復記録

※あくまでも体験談です。専門的な検証等は行っていません。

ブルースクリーンの内容:
Stop:c000021a {Fatal System Error}
The initial session process or system process terminated unexpectedly with a status of 0x00000000 (CxC0000001 0x00100460)
The system has been shut down.

c0240934_8324919.jpg

環境:
  • コンピューター: 日本HP製HP-Pavilion AV889AV-ABJ e9260jp
    (2009~10年冬モデル)
    AMD Phenom II X4 925 CPU、AMD RS880 + SB750/SB710チップセット、4096 MBメモリ(PC3-10600 DDR3 SDRAM UDIMM)

  • オペレーティングシステム:Microsoft Windows 7 SP1 (購入時にプレインストールされていたOSにサービスパックをあてたもの)


Microsoftのコミュニティ(英語)にも情報があるが、専門用語が多くてわからん。

ちなみに、このエラーはWindowsと互換のないプログラムのインストール等によって引き起こされるものらしい。(私の場合は、起動中に強制シャットダウンをしたら起きた)

【試したこと】
1. とりあえず電源を一度切ってから入れる。
(電源ボタンが効かないときには、コンセントを抜いて、もう一度刺し直し、電源を入れてみる)

2. 運が良ければ、ここで通常にWindowsが起動するが、Windowsの起動方法を選ぶ画面が出て来た。
(Windowsの起動方法を選ぶ画面すら出てこないときには、電源オンと同時に[F8]キーを連打)

3. 「コンピューターの修復」を選んで[Enter]。あとは画面の指示に従う。
(復元されると言っても、復元ポイントも選べない。どういうプログラム等が消されてしまうのかわからない。)

4. とりあえずこれで正常。

5. 念のため、Windows Updateを行う。(実際にはアップデートしたファイルなし)

【結果】
この作業後、2週間オフィスソフトやオンラインゲームで酷使したが、OSやコンピューターに特に異常は無し。
[PR]
by 1229n | 2013-04-07 08:34 | ブルースクリーン | Comments(0)