<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

WinPcap 4.1.2の削除とWinPcap 4.1.3のインストール(3)

*エラーメッセージの内容から推測したWinPcap 4.1.2のアンインストールと4.1.3のインストール手順
常駐プログラムの解除については、マイクロソフトのサポートサイトhttps://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2168138/jaを参考にした。

【事前準備】
1 .管理者権限を持っているユーザーでログインしておく。
2. ファイルの拡張子を表示できる状態にしておく。

【本作業】
1. 画面左下のスタートボタン→「すべてのプログラム」

2. 「スタートアップ」フォルダ内に動画関連のソフトがあるか確認。(もしあったら、そのプログラムのショートカット名を右クリックし、メニューから「[削除」 をクリック。)
c0240934_18501338.jpg


3. 「このショートカットをごみ箱に移動しますか?」 とメッセージが表示されるので、[はい」 ボタンをクリックして削除。

4.「スタート ボタン」→「プログラムとファイルの検索」欄にmsconfig と入力。msconfig.exe をクリック。
c0240934_18504362.jpg


5. 「システム構成」 画面の「スタートアップ」タブをクリック。

6. 動画・音声ダウンロード、ネットワーク解析関連のソフトがあればそのチェックを外す。発行元が「Riverbed Technology, Inc.」になっているソフトがあればそのチェックも外す。
(製造元に「Microsoft Corporation」と表示されているものは、なるべくチェックをオフにしないことをマイクロソフトでは推奨している。)
c0240934_18511076.jpg


7.「システム構成」の画面で「OK」をクリックする。

8. 再起動を促されるので再起動をする。

9. 再起動をしたらWinPcap 4.1.2を上書きアンイストール。ファイルのダウンロードは、
https://web.archive.org/web/20110603162036/http://www.winpcap.org/install/から行う。

10.WinPcap 4.1.2のインストールが正常終了したら、「スタートボタン」→「すべてのプログラム」→「WinPcap」→「Unistall WinPcap 4.1.2」を実行し、WinPcap 4.1.2をアンインストールする。

11. http://www.winpcap.org/install/default.htmからWinPcap 4.1.3のインストールファイルをダウンロードし、実行してWinPcap 4.1.3のインストールを行う。

12. Windowsのデスクトップのゴミ箱から手順3で消したショートカットを元に戻す。

13. 再度、「スタート ボタン」→「プログラムとファイルの検索」欄にmsconfig と入力。msconfig.exe をクリック。

14. 「スタートアップ」タブで、チェックをオフにしたソフトのチェックを再度入れる。
c0240934_18514946.jpg


15. 「システム構成」の画面で「OK」をクリックする。

16. 再起動を促されるので、再起動をする。
[PR]
by 1229n | 2015-03-24 18:52 | PC一般 | Comments(0)

WinPcap 4.1.2の削除とWinPcap 4.1.3のインストール(2)

https://nicolask.wordpress.com/2012/09/23/solved-winpcap-4-12-install-error/(WinPCap 4.1.1アンイストールに失敗して4.1.2をインストールしたときの記録)を基に手順を加え作成。

【事前準備】
1 .管理者権限を持っているユーザーでログインしておく。
2. ファイルの拡張子を表示できる状態にしておく。

【本作業】
1. 左下の丸いスタートボタン→コンピューター→ハードディスクドライブの Cをダブルクリック。

2.SysWOW64というフォルダがあるのを確認。(無かったら、6番目の手順へ)

3.SysWOW64フォルダを開いて、packet.dll、wpcap.dllというファイルがあるのを確認(無かったら、6番目の手順へ)
c0240934_1837298.jpg


4.それぞれのファイルを右クリック→プロパティのデジタル署名で CACE Technology, Inc.になっていることを確認。(WinPCap 4.1.2のファイルなら日付は2010/06/26になっているはず)
c0240934_1837561.jpg


5.そのふたつのファイルをそれぞれ、packet.dll.old、wpcap.dll.old に名前を変える。
(ファイルを選択して[F2]キーを押すと名前が変更できる。)
c0240934_18382785.jpg


このときに図のような「ファイルアクセスの拒否」がでてきたら、構わず続行。
c0240934_18385684.jpg

2015/05/10追記
ここで拡張子を変えるだけではなく、ファイルごと削除する必要があったとの指摘あり。

6. ハードディスクドライブのCに戻る

7. Windowsフォルダ →system32フォルダと進む。

8. packet.dll、wpcap.dllというファイルがあるのを確認。

9. それぞれのファイルを右クリック→プロパティのデジタル署名で CACE Technology, Inc.になっていることを確認。(WinPCap 4.1.2のファイルなら日付は2010/06/26になっているはず)

10. 前項のpacket.dll、wpcap.dllをそれぞれpacket.dll.old、wpcap.dll.oldに変更。

11. ハードディスクドライブの Cに戻る。

12. Program Files フォルダに入り、WinPcapフォルダを選択して右クリック、「削除」を実行。
c0240934_18402460.jpg


13. コンピュータを再起動。

14. http://www.winpcap.org/install/よりWinPcap 4.1.3をインストール。
[PR]
by 1229n | 2015-03-24 18:42 | PC一般 | Comments(0)