HitmanProで迷惑ソフトのSpeedUpMyPCを削除

まず迷惑ソフトのSpeedUpMyPCをPCに取り込んだ。
このソフトは「深刻なエラー」などの警告をどうでもいいレジストリエントリなどに対して発し、有料版の購入を促すものである。

迷惑ソフト削除ソフトのHitmanProは http://www.surfright.nl/en/hitmanpro/からダウンロードできる。

c0240934_15034444.jpg
c0240934_15042049.jpg
「Download now」ボタンをクリックすると画面が遷移するので「名前を付けて保存」を選択する。

c0240934_15045401.jpg
右下にダウンロード済みのメッセージが出て、ブラウザの下のほうにダウンロード後の動作選択ボタンが出てくるので、「実行」ボタンをクリックする。

「このアプリが…」との警告メッセージがWindowsから出るので、「はい」ボタンをクリックする。

c0240934_15051599.jpg
HitmanProが起動するので、NEXTボタンをクリックする。
c0240934_15053454.jpg
画面が遷移するので上の欄では「No, I only want to perform...」を選択
下の欄では「Pleasea e-mail」のチェックを外す。
NEXTボタンをクリックする
c0240934_15055106.jpg
スキャンが始まる。
124GBほど使っているハードディスクだが5分強でスキャンが終わった。
c0240934_15061520.jpg
PCValidatorService.exeをいうマルウエアにも感染していた。
SpeedupMyPCの検知は想定内。

その他多数のトラッキングクッキーが検出された。

スキャンが完了して結果が表示されたら「Next」ボタンをクリックする。
c0240934_15063593.jpg
ここで購入するか30日の無料お試し期間を使うか尋ねられるので、「Activate Free licence」を選択。

メールアドレスを求められるので、メールアドレスを入力して(2カ所)「Activete」ボタンをクリックする。

「Next」ボタンをクリックする。

コンピュータの再起動を求められるので「はい」をクリックする。

これで完了。

テスト環境
・日本HP 500-540jp (Intel Core i7-4790、8GB DDR3-1600 / PC3-12800 DDR3 SDRAM UDIMM、2TB SATA HDD、Microsoft Windows 10 Build 14393 日本語版、Microsoft Edge 38.14393.0.0日本語版)
[PR]
# by 1229n | 2016-10-06 15:10 | マルウエア・クッキー等 | Comments(5)

Windows 10 Anniversary Updateをインストールした後にWindows 10がフリーズする (2)

Windows 10 Anniversary Update をインストールした後にWindows 10がフリーズする問題で、マイクロソフトコミュニティでは米国時間の2016年8月16日にスレ主がトピックの更新をした。

類似した他の問題も参照してほしいとの呼びかけである。
特に新しい回避方法やバグフィックスの情報ではない。


なお、当ブログでは上記のトピックの日本語翻訳は提供していない

[PR]
# by 1229n | 2016-08-24 19:16 | PC一般 | Comments(0)

Windows 10 Anniversary Updateをインストールした後にWindows 10がフリーズする

c0240934_20125671.jpg

ASCII.jpの2016年8月15日の記事によれば米マイクロソフトは「Windows 10, Anniversary Updateでフリーズの可能性あり」とのこと。
記事に簡単な説明があるが、大元の情報源が訳されていないので翻訳した。

以下、米マイクロソフトコミュニティー(英文)からの訳。

こんにちは。
Microsoftは少数ですが、SSDにOSを入れ別のドライブにアプリとデータを保存しているシステムで、Windows 10 Anniversary Updateをインストールした後にWindows 10がフリーズするというレポートを受け取りました。

この問題に遭遇しているのであれば、私たちはこのスレッドにアップデートを供給します。
このスレが更新されたときに通知が欲しい場合は、この投稿の最後にある[Subscribe]ボタンをクリックしてください。
それまでの間、Windows 10にセーフモードでサインインしてOSのインストールされているのと同一のディスクにアプリやデータを移すことで、応急措置ができます。

Anniversary Updateのインストールは、アップデートから10日以内なら「go back」または以前のバージョンのWindowsに戻す機能を含んでいます。
Anniversary Updateのアンインストールを選ぶのであれば、下記に方法があります。
(訳注:メニューの項目名が不明のため、英単語に直訳をつけた。したがって日本語版Windows 10の項目名とは必ずしも一致しない。)

方法1「Recovery Console」の利用
  • PCを再起動します。サインイン画面になったら Power(電源) > Restart(再起動)を選択するときにシフトキーを押したままにしておきます。
  • PCが再起動したら「Choose an option(オプションの選択)」画面になるのでTroubleshoot(トラブルシューティング) > Advanced Options (詳細設定)> Go back to the previous build (以前のビルドに戻る)を選択します。
  • この選択肢が無い時は、方法2を試します。

方法2 セーフモードからアプリを使う。
  • PCを再起動します。サインイン画面になったら Power(電源) > Restart(再起動)を選択します。その時はシフトキーを押したままにしておきます。
  • PCが再起動したら「Choose an option(オプションの選択)画面になるので、Troubleshoot(トラブルシューティング) > Advanced options (詳細設定) > Startup Settings (スタートアップの設定)> Restart(再起動)の順で選択します。
  • PCが再起動したら、選択肢のリストが見えるので、4キーか[F4]キー押下でPCをセーフモードで起動させます。
  • Settings app(アプリ設定)を開きます。
  • Update & security(更新とセキュリティ) 、the Recovery(リカバリー)タブの順で選びます。
  • “Go back to an earlier build”(以前のビルドに戻る)の下の「Get started」(開始)ボタンをクリックし指示に従います。

我々が調査を続けている間どうか我慢してください(訳注:日本語に直訳するとそうは見えないが謝罪している)。
(情報の)更新にはこのスレッドを過去にさかのぼって調べてください。

(ここから先は、解決法とは関係のない記述なので後略)


[PR]
# by 1229n | 2016-08-15 20:17 | PC一般 | Comments(0)