タグ:Edge ( 1 ) タグの人気記事

Windows 10 Creators Update 適用後、EdgeでAdobe Flash Playerが自動的に実行できない

Windows 10 Creators Update(10.0.15063) 適用後、EdgeでAdobe Flash Playerが自動的に実行できないというトラブルに遭遇。
c0240934_07574340.jpg
この動画配信サイトShowroomの画面のように、
  • サイト側からはフラッシュプレーヤーがインストールされていないように認識される。
  • ブラウザー側からはFlashコンテンツがブロックされたと認識される。
フラッシュを使った広告などは自動的に表示されるので、何か設定の問題であろう。
今のところ、実行ダイアログで「一度のみ許可」または「常に許可」をクリックすれば、回避できるので大きな問題とはなっていない。
c0240934_08025329.jpg


念のため、Edgeの設定を見てみたが、特に今まで(異常が出る前)とは変わっていない。

保証期間過ぎているし、買った時のOSは8.1なのでメーカーがサポートしてくれるか不明。
オンラインゲームのRailnationでは、同じ現象が出なくなっていた。
何も特別な対策をした覚えはない。

取り合えず、方針
  1. 特に何も切り分けせず、最新のAdobe Flash Playerをインストールして試してみる。
    →すでに最新版 (バージョンは25.0.0.148、2017年4月26日時点の最新版であった。古いバージョンの問題ではなさそうだ。
    )
  2. Adobeのサイトに行って、情報を探してみる。
    adobeのサイトに情報が載っていたが、解決には至らなかった。
    (すでに「Adobe Flash Playerの使用」はオンになっているため)
  3. ブラウザにFlashコンテンツがブロックされて時点で「常に許可」をクリックして、動作を再確認する。
    c0240934_07090520.jpg
    一瞬「フラッシュがインストールされてない」というメッセージが出てから、正常表示
    c0240934_07111203.jpg


一応使い物になるので、ここでトラブルシューティング中断。

と、ここまでしたところで、フラッシュに関するエラーメッセージが一切表示されなくなった。
特に設定をいじった覚えはない。
Windowsのバージョンは 10.0.15063 のままである。
c0240934_17112908.jpg
あまり、スッキリしないがこれにてトラブルシューティング終了。
ちなみにPCは以下のとおりである。発売当時モニターなしで10万円程度で買えたミドルクラスのPC
  • メーカーおよび機種名:日本HP 500-540jp (2015年春モデル)
  • CPU:Intel Core i7-4790 CPU
  • メモリ:8GB DDR3-1600 / PC3-12800 DDR3 SDRAM UDIMM

[PR]
by 1229n | 2017-05-11 17:23 | PC一般 | Comments(0)