タグ:PDF変換 ( 3 ) タグの人気記事

カラーのPDFをモノクロのPDFに変換(フリーソフトだけで行う場合)

(Windows Xp, Vista, 7,(10も確認済み)
フリーソフトのみ使って行う場合。
2014/02/13追記 Windows 8/8.1でも同じことができたという非公開コメントを頂いたが、投稿者は8/8.1の環境を持っておりません。
2016/04/13追記 窓の杜のURL変更に伴いリンク先を変更しました。
2016/10/17追記 Windows 10で、Adobe reader DC (正式名称判らない)とCube PDFの組み合わせで問題なくモノクロ化できることを確認しました
2016/10/17追記 Win Xpの環境を捨ててしまったので、以後Xpでの動作は確認できません。

1. あらかじめ「CubePDF」を導入する。
(「CubePDF」は通常のファイルをPDF化することもできるが、PDFからPDFへの変換もできる。)
ファイルは、http://www.forest.impress.co.jp/library/software/cubepdf/
からダウンロードできる。

2. Adobe Readerでファイルを開く
c0240934_17474342.jpg

3.ファイル(F)→印刷で、プリンターは「CubePDF」を選択
ここで「プロパティ」ボタンでプリンタのプロパティを出す。
注意:用紙品質のタブで「白黒」という選択肢があるがここを選択しただけでは、モノクロには変換できない。

c0240934_17484574.jpg

4. 印刷画面で出てくるダイアログで「詳細設定」タブを選んで、オプションのグレースケールにチェックを入れる。
c0240934_1749660.jpg

5. これでPDFのモノクロ化が完了。
c0240934_17492539.jpg

[PR]
by 1229n | 2012-12-28 17:50 | PDF関連 | Comments(0)

PDFからMicrosoft Word形式に変換

2015/11/30追記
現在ではMicrosoft Wordでもサポートされているようですね。
Officeの最新版は購入する予定がないのでレポートは掲載できませんが


とりあえずフリーで使えるソフト2種。
c0240934_13283854.jpg

PDF2Word v3.0
(100回までは無料、無償使用の場合は1文書5ページまでの制限がある)有償版は39.95ドル
Wondershare PDF to Word
で試してみる。

どちらも、フォントが変わってしまったり、多少のレイアウトのずれがあるが、無償版を使う限りはWondershare PDF to Wordがすぐれていた。

・PDFはWord 2007からCutePDFで作成したもの。(セキュリティは一切付けていない)
振り仮名、写真、マーカー、クリップアート、簡単な表、テキストボックス、段落罫線、ヘッダ・フッタなど初歩的な文書に使われる機能を入れている。
c0240934_13295524.jpg


・PDFでフォントが崩れていない、表や写真、テキストボックスなどもきちんと変換されているのを確認。。

さて、これをまずWordファイルにきちんと戻せるか?
PDF2Word v3.0 からトライ。
PDF2Word v3.0の操作は簡単。
c0240934_13303421.jpg


PDFファイルをドラッグアンドドロップするだけ。
オプションを選べる
c0240934_13305317.jpg


・ページの内容を自動的に配置する
・テキストブロックを自動的に結合する
・テキストボックスと一緒のテキストをフローする
・リコンストラクション用の厳格なモード
・テキストボックスでないテキストをフローする
・テキストボックスなしの連続的なテキスト

意味が分からないのでデフォルトのまま。
言語はEnglishかAutoしか選べない。

10秒くらいでワード形式(doc)に変換完了。フォントの化けやマーカーのずれなどが目立つ。
c0240934_13315811.jpg

c0240934_13352382.jpg


結果一覧
[PR]
by 1229n | 2012-03-16 13:35 | PDF関連 | Comments(0)

PDF変換ソフト

2007以降のMicrosoft Office等でもPDFで保存できるようになったが、メモ帳やインターネットエクスプローラーなどPDF保存未対応のソフトでPDFを作成したいときに、使えるのがPDF変換ソフト。

有名なのは、
PrimoPDF 日本語版
CubePDF

どちらも、文書のプロパティ(タイトル、作成者、サブタイトル、キーワード)、PDFのセキュリティ(文書を開くときのパスワード、印刷の可否)などの基本的な機能を備えている。

【結論】
・立ち上がりが速いほうがいいならPrimo PDF。
・PDF以外にもいろいろなファイル形式に変換したいならCube PDF。
・デフォルトでPDF変換ソフトとして使う分には大差なし。
ま、どちらも無料なので、両方試してみて自分に相性がいいと思うほうを選べばよろしい。

続き(というか蛇足)を読む
[PR]
by 1229n | 2012-02-28 22:20 | PDF関連 | Comments(0)