タグ:WinCap4.1.2 ( 3 ) タグの人気記事

WinPcap 4.1.2の削除とWinPcap 4.1.3のインストール(3)

*エラーメッセージの内容から推測したWinPcap 4.1.2のアンインストールと4.1.3のインストール手順
常駐プログラムの解除については、マイクロソフトのサポートサイトhttps://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2168138/jaを参考にした。

【事前準備】
1 .管理者権限を持っているユーザーでログインしておく。
2. ファイルの拡張子を表示できる状態にしておく。

【本作業】
1. 画面左下のスタートボタン→「すべてのプログラム」

2. 「スタートアップ」フォルダ内に動画関連のソフトがあるか確認。(もしあったら、そのプログラムのショートカット名を右クリックし、メニューから「[削除」 をクリック。)
c0240934_18501338.jpg


3. 「このショートカットをごみ箱に移動しますか?」 とメッセージが表示されるので、[はい」 ボタンをクリックして削除。

4.「スタート ボタン」→「プログラムとファイルの検索」欄にmsconfig と入力。msconfig.exe をクリック。
c0240934_18504362.jpg


5. 「システム構成」 画面の「スタートアップ」タブをクリック。

6. 動画・音声ダウンロード、ネットワーク解析関連のソフトがあればそのチェックを外す。発行元が「Riverbed Technology, Inc.」になっているソフトがあればそのチェックも外す。
(製造元に「Microsoft Corporation」と表示されているものは、なるべくチェックをオフにしないことをマイクロソフトでは推奨している。)
c0240934_18511076.jpg


7.「システム構成」の画面で「OK」をクリックする。

8. 再起動を促されるので再起動をする。

9. 再起動をしたらWinPcap 4.1.2を上書きアンイストール。ファイルのダウンロードは、
https://web.archive.org/web/20110603162036/http://www.winpcap.org/install/から行う。

10.WinPcap 4.1.2のインストールが正常終了したら、「スタートボタン」→「すべてのプログラム」→「WinPcap」→「Unistall WinPcap 4.1.2」を実行し、WinPcap 4.1.2をアンインストールする。

11. http://www.winpcap.org/install/default.htmからWinPcap 4.1.3のインストールファイルをダウンロードし、実行してWinPcap 4.1.3のインストールを行う。

12. Windowsのデスクトップのゴミ箱から手順3で消したショートカットを元に戻す。

13. 再度、「スタート ボタン」→「プログラムとファイルの検索」欄にmsconfig と入力。msconfig.exe をクリック。

14. 「スタートアップ」タブで、チェックをオフにしたソフトのチェックを再度入れる。
c0240934_18514946.jpg


15. 「システム構成」の画面で「OK」をクリックする。

16. 再起動を促されるので、再起動をする。
[PR]
by 1229n | 2015-03-24 18:52 | PC一般 | Comments(0)

WinPcap 4.1.2の削除とWinPcap 4.1.3のインストール(2)

https://nicolask.wordpress.com/2012/09/23/solved-winpcap-4-12-install-error/(WinPCap 4.1.1アンイストールに失敗して4.1.2をインストールしたときの記録)を基に手順を加え作成。

【事前準備】
1 .管理者権限を持っているユーザーでログインしておく。
2. ファイルの拡張子を表示できる状態にしておく。

【本作業】
1. 左下の丸いスタートボタン→コンピューター→ハードディスクドライブの Cをダブルクリック。

2.SysWOW64というフォルダがあるのを確認。(無かったら、6番目の手順へ)

3.SysWOW64フォルダを開いて、packet.dll、wpcap.dllというファイルがあるのを確認(無かったら、6番目の手順へ)
c0240934_1837298.jpg


4.それぞれのファイルを右クリック→プロパティのデジタル署名で CACE Technology, Inc.になっていることを確認。(WinPCap 4.1.2のファイルなら日付は2010/06/26になっているはず)
c0240934_1837561.jpg


5.そのふたつのファイルをそれぞれ、packet.dll.old、wpcap.dll.old に名前を変える。
(ファイルを選択して[F2]キーを押すと名前が変更できる。)
c0240934_18382785.jpg


このときに図のような「ファイルアクセスの拒否」がでてきたら、構わず続行。
c0240934_18385684.jpg

2015/05/10追記
ここで拡張子を変えるだけではなく、ファイルごと削除する必要があったとの指摘あり。

6. ハードディスクドライブのCに戻る

7. Windowsフォルダ →system32フォルダと進む。

8. packet.dll、wpcap.dllというファイルがあるのを確認。

9. それぞれのファイルを右クリック→プロパティのデジタル署名で CACE Technology, Inc.になっていることを確認。(WinPCap 4.1.2のファイルなら日付は2010/06/26になっているはず)

10. 前項のpacket.dll、wpcap.dllをそれぞれpacket.dll.old、wpcap.dll.oldに変更。

11. ハードディスクドライブの Cに戻る。

12. Program Files フォルダに入り、WinPcapフォルダを選択して右クリック、「削除」を実行。
c0240934_18402460.jpg


13. コンピュータを再起動。

14. http://www.winpcap.org/install/よりWinPcap 4.1.3をインストール。
[PR]
by 1229n | 2015-03-24 18:42 | PC一般 | Comments(0)

WinPcap 4.1.2の削除とWinPcap 4.1.3のインストール

この記事を読んでいる人へのお願い。この手順で4.1.3がインストールできないエラーが発生している人がいます。この手順通りやってうまくいかない人がいたら、ぜひともエラーメッセージなどをコメント欄に残してください。(2015/01/27 22:16)

I. WinPcap 4.1.2の手動削除(アンインストール)

Step 1:「Max Uninstaller」でWinPcapのプログラムとレジストリを検索
1-1. Max Uninstallerを導入。(無料版(「Try It Now」)でよい)
1-2. Max Uninstallerの右側の画面でWinPcap 4.1.2を見つけてクリックする。
c0240934_1127815.jpg

1-3. 左側の丸いボタン「Run Analysis」をクリックする。
しばらくすると 「Program Leftovers」として「Files/Folder」と「Registry」が表示される。
c0240934_1128331.jpg

1-4. それらをメモ帳などのテキストエディタで書き写しておく。(コピー&ペーストが出来ないのが残念)。「Max Uninstaller」を終了する。
c0240934_1129129.jpg

29ドル95セントくらい払ってもいいという人は書き写しはしないでそのまま登録して実行すれば終了。

「Try It Now」の実験では
「Files/Folder」に
C:\Program Files\WinPcap\
C:\Program Files\WinPcap\Unistall.exe
C:\Program Files\WinPcap\rpcpad.exe

「Registry」に
HKLM|SOFTWARE\Microsoft\Windows\Currentversion\Unistall\WinPcapInst
が表示された。


Step 2: 手動で実行ファイルを削除(管理者権限が必要)
2-1. 上記の例の場合、スタートボタン→「コンピューター」→「C」→「Program Files」→「WinPcap」と進む。
2-2.「rpcapd.exe」「Uninstall.exe」のファイルが見つかるので、それをゴミ箱に移動する。
2-3.「WinPcap」のフォルダもゴミ箱へ移動する。


Step 3:レジストリの編集
3-1. スタートボタン→「プログラムとファイルの検索」窓に「regedit」と打ち込む。「regedit.exe」というプログラムがみつかる。
c0240934_113325.jpg

3-2.そこをクリックすると「レジストリーエディター」というプログラムが起動する
3-3.「ファイル」→「エクスポート」メニューで適当な名前を付けてレジストリのバックアップをしておく。
3-4.「Step 1」の「1-4」で見つかったレジストリを削除し、レジストリーエディターを終了する。
(例では、「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「WinPcap」 )

c0240934_11303290.jpg


Step 4: dllファイルの名前変更
4-1. スタートボタン → 「プログラムとファイルの検索」窓に「wpcap.dll」と入力する。プログラムでwpcap.dllが見つかる。
c0240934_11382977.jpg


4-2. 表示された「wpcap.dll」を右クリック→「プロパティ」→名前のところに「.old」という文字列を追加。
c0240934_11403871.jpg

4-3. 同様の手順で、「packet.dll」ファイルも「.old」という文字列を追加。


Step 5:コンピューターの再起動。
5-1. 実行中のファイルがある場合は、必要なデータを保存するなりしてからプログラムを閉じて、コンピューターを再起動させる。


Step 6:コントロールパネルのレフトオーバー(残骸)の削除
6-1. コントロールパネル→プログラムのアンインストールで「名前」→「Q-Z」でWinPcap 4.1.2を表示させ右クリック。→アンインストールと変更。
下のような画面が表示されるので「はい」をクリックしてコントロールパネルを終了する。

c0240934_1441073.jpg


II. WinPcap 4.1.3のインストール
Step 1: http://www.winpcap.org/install/ よりファイルをダウンロードしてインストールする。


テスト環境:
PC: HP-Pavilion AV889AV-ABJ e9260jp
OS:Windows 7 Home Premium Build 7601 (日本語 32bit)
プロセッサ:AMD Phenom II X4 925
メモリ:4GB
[PR]
by 1229n | 2015-01-10 11:23 | PC一般 | Comments(0)