タグ:spyhunter4 ( 2 ) タグの人気記事

Spyhunter4は怪しいソフトウエアか?

当ブログの「Spyhunter4 = 怪しい」という見方は、撤回しないことにした。
I. SpyHunter4に対する見方。
SpyHunter4については、下記の3つの見方がある

  1. 好意的な見方では、有償(半年の利用で4555円)のスパイウエア駆除ツール。
  2. 中立的な見方では、「隠れたコストのある」スパイウェア対策ツール。
  3. 批判的な見方では、隠れたコストがあるだけでなく、ユーザーの知らない間にインストールされる可能性もあり、通常のクッキーに対しても警告を出して不安を煽る迷惑プログラム。

当ブログでの扱いとしては「3.批判的」とする。後述するが、PUPの検出が行えなかったので、スキャン結果が本当かどうかも疑わしい。

Spyhunter4 インストーラー (「隠れたコスト」の一例)
「特定の問題にカスタム修正を生成する」と書いてあるが、実際に無料版では修正は不可能である。
c0240934_18375335.jpg

II. 他のセキュリティソフトウェアとの比較。
前項の解釈のうち、どれをとるにしてもSpyhunter4を使うよりも評判の良い無償スパイウエア対策ツールを使ったほうが良い。
(半年で4500円以上の費用を払う必要はない。払うにしても有名な製品を使うべき)

III. I.-3の批判的な見方の裏付け。
  1. SpyHunter4を怪しいとしているのは当サイトだけではない。
  2. スパイウェアではないクッキーに対してまで警告を出してユーザーの不安を煽る。
  3. Any Video Converterなど無料ソフトのインストール時に勝手にインストールされてしまうこともある。
  4. Spyhunterを勧めるウェブサイトに、隠れたコスト(駆除などは有料で継続課金制であること)を記載していないものがある。
  5. 実際に検出・駆除ができないPUPがある。

IV. 他サイトでの記載

他サイトでSpyHunterがどう記載されているかまとめた。
Wikipediaの記事
引用)a computer program that's advertised as a free anti virus program at some internet sites and as a potential malware at other sites.
訳)無料のアンチウイルスプログラムとして公表しているインターネットサイトもあれば潜在的なマルウエアとも公表しているサイトもあるコンピュータプログラム。

shorte.st対策としてspyhunter4を紹介しているサイト。
引用)Download and Install Spyhunter scanner for free.
訳)無料でSpyhunterをダウンロードとインストール。
コメント)駆除動作などが有料(しかも継続課金)ということは一切書かれていない。

無題な濃いログ
ブラウザが標準で受け入れるcookieにまで警告を出すという問題を指摘している。
「『××× ([数字] 感染)』『Spyware cookie』といったミスリードを誘う表現に注意が必要」とされている。
ただしこのサイトでは、「有償ウイルス駆除ツールです。偽ツールではない」ともコメントされている。

PCトラブルサポートセンター
「SpyHunterにスパイウェアが仕込まれていて、クレジットカード番号等の個人情報を引き抜かれるという事例が過去にあったと紹介されています。」と記載されている。
「はい、安全ではありません!」と断言もしている。

【悪い評価?】 エラーを見せつけ不安を煽って購入誘導する要注意な迷惑ソフト 【詐欺評判?】
内容はページタイトルの通り。
spyhunter4を一例に挙げている。

最後に、実際にSpyHunter4や他のマルウエア対策ソフトウエアを、PC Mechanic 2015に感染させたPC (Windows 10 Home)にインストールし、検出・駆除ができるか比較してみた。
少なくとも、Spyhunter4は、PC Mechanic 2015などのPUPに対処できない。

【結果】
無料で検出と駆除ができたもの。
  • HitmanPro (3.7.12 Build 253)
    (無料の駆除は登録してから14日間のみ有効)
  • MalwareByte Anti-Malware (2.2.0.1024 DBバージョンv2016.01.22.09)
  • Soybot (2.4)

PC Mechanic 2015を検出したHitmanPro
c0240934_18442332.jpg

PC Mechanic 2015を検出したMalwarebyte Anti-malware
c0240934_18460851.jpg
PC Mechanic 2015を検出したSpybot
c0240934_18470930.jpg

検出ができなかったもの
  • SpyHunter4 (4.21.18.4608)
PC Mechanic 2015を検出できなかったSpyhunter4
c0240934_18475057.jpg
無料ソフトで駆除できるPUPに対応できないことから、他の検出力も疑われてしかるべきであろう。



2016/3/22追記
北きつね様の記事によるとtradeadexchange.comマルウエアにはHitmanProでは対応できなかったそうです。
(Malwarebyte Anti-malwareで駆除可能だったそうですが、必要なブラウザ情報なども消えてしまい、注意が必要だそうです。)

[PR]
by 1229n | 2016-01-23 20:53 | マルウエア・クッキー等 | Comments(4)

怪しいウィルス削除ソフトSpyHunter4の挙動とアンインストール

2016/01/25 追記
この記事、批判コメントが3件来たのでこちらに続編を書きました。
2016/10/25 追記
Windows7でこの記事の通りに実行したら、コンピューターが起動しなくなったとの情報がYhaoo!知恵袋にあった。こちら極力、常駐解除→コントロールパネルからのアンインストールかマルウエア対策ソフトの使用を勧めます

SpyHunter4の削除方法だけ見るという方はこちら

Q&Aサイトであるスパイウェアを削除したいとの質問があり、海外のサイトを検索した。
そこで、SpyHunter4なるソフトが有効であるとの情報があったので試してみる。
SpyHunterが紹介してあるWEB
そこのサイトには、「Yes, Spyhunter not only can remove malware like shorte.st but also can protect your computer from other sort of virus like trojan, spyware and ransomware. In a word, you can trust it. Download and Install Spyhunter scanner for free.(和訳:はい、Spyhunterはshorte.stのようなマルウェアを削除するだけではなく、あなたのコンピューターを他の種類のトロージャン、スパイウェア、ランサムウェアのようなウイルスから守る。一言でいえばあなたはそれを信用できる。SpyHunterスキャナーを無料でダウンロードとインストールしてください。)」と書いてあるが、実際はスキャンだけは無料、駆除は有料、それも半年ごとに自動で有料ライセンス分のお金が引き落とされる。

結果から先に言うと
・SpyHunter4とそれを勧めたWEBサイトを信用するのは難しい。
(100%インチキと断言しているサイトもある。)
・SpyHunter4のアンインストールも、コントロールパネルから通常に行えない。

まず、SpyHunter4を間違えてインストールしてしまうところから、その挙動の確認とアンインストール手順をまとめる。
(SpyHunter4の削除方法だけ見るという方はこちら)
このSpyHunterはマルウェアの名前 + Removal / 削除 のようなキーワードで検索されるページに広告を掲出している。
また、マルウェアの削除方法を解説するページにダウンロードリンクが記載されている場合もある。(例)

ここからSpyHunter4をインストールしてしまうと、次のような挙動がある。
・インストール完了時に自動的にスキャンが始まり、見つかった(?)マルウェアの削除を促される。
・インストール完了時にそのまま閉じても、次回の起動時に自動的にスキャンが始まり、マルウェアの削除を促される。
c0240934_2063686.jpg

上はインストール後勝手に立ち上がる画面

(どちらにしても、マルウェアの検索だけ無料、駆除は有料である)

c0240934_2072112.jpg

上はスキャン完了画面
警告に従い、見つかった(?)マルウェアの削除をしようとすると、登録を促す画面が出る。

c0240934_2075666.jpg

c0240934_2084948.jpg

価格は4,555円と出るが、右下のほうの英文を見てみると「SpyHunter は、6ヵ月ごと のスパイウェア検出/除去の定期サービスです。」「自動更新に同意することになります。」と6か月ごとにこの料金を支払わなければならないとの記述がある。

c0240934_2081454.jpg

・コントロールパネルからのアンインストールも正常に終了しない。
(最初にタスクマネージャーで、関連するタスクを終了させ、それからコントロールパネルで終了させれば正常に削除できます。)
・しかもアンインストールしようとすると、しつこく割引でソフトウェアを購入するよう督促する画面が出てくる。
c0240934_2094749.jpg




    SpyHunter4のコントロールパネルからの削除が失敗した場合の、アンインストール方法

(Windows 8/8.1の場合)
1. デスクトップのタスクバーを右クリックし、タスクマネージャーを起動させる。
c0240934_20104937.jpg

2. プロセスの中から「Service scanner interface」と「SpyHunter4 application」を終了させる。
c0240934_2011098.jpg

3. コンピューターのc:\Program Files\Enigma Software Groupフォルダを中身ごと削除。
4. コンピューターのc:\sh4ldrフォルダを中身ごと削除。
5. Windowsキー + [R]キー同時押しで、「ファイル名を指定して実行」を起動させ、regeditと入力して[OK]キーを押し、「レジストリエディター」を起動する。
6. レジストリのバックアップをとる。(「ファイル」→「エクスポート」→「すべて」でUSBメモリや外付けハードディスクなどに、拡張子regで保存)
7. レジストリエディタの一番左上の「コンピューター」を選び、「編集」→「検索」→「Enigma」を検索する。
C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\Enigma Software Group\sh_installer.exe という値が見つかるので、それを右クリックで削除する。
もう一度「Enigma」を検索して、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\EgnimaSoftwareGroupというキーが見つかったらそれも削除。

8. 同じようにSpyHunter4という文字列を検索する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\RADAR\HeapLeakDetection\DiagnosedApplications\SpyHunter4.exe というキーが見つかるので、キーごと中身を削除する。
c0240934_20114372.jpg


もう一度SpyHunterという文字を検索してc:\program Files\Enigma Software Group\SpyHunter\SpyHunter4.exe という値が見つかったら、それも削除する
9.レジストリエディターを終了し、コンピューターを再起動する。
で、完了。
[PR]
by 1229n | 2015-07-09 20:14 | マルウエア・クッキー等 | Comments(10)