Twitter連携アプリ認証で身に覚えのないツイートやフォローをしてしまう可能性。

Twitter連携アプリ認証で身に覚えのないツイートやフォローをしてしまう可能性があるので、認証キャンセルについて記事を書く。

例として「ふぁぼきゃんせらー」を挙げる。

「ふぁぼきゃんせらー」は「今までのふぁぼを消し去ります」と謳ったTwitter用アプリである。
(*「ふぁぼ」とはツイッターのハートマークをクリック/タップして気に入ったツイートにつけられる「いいね」の意味)

但し「自己責任」「一度で全部は消せません」の注意書きがトップページの http://favcanceller.appspot.com/ にある。

私感としてこのアプリは少し危険に感じた。

一度この連携アプリを認証してしまうと、ユーザーのツイッターアカウントがほぼ乗っ取られてしまう可能性があるからである。
「ふぁぼきゃんせらーにアカウントの利用を許可しますか?」の画面を見ると、下記のことが出来ると書いてある。
c0240934_16565166.jpg

  • タイムラインのツイートを見る。
  • フォローしている人を見る、新しくフォローする
  • プロフィールを更新する。
  • ツイートする。
  • ダイレクトメッセージを見る。

タイムラインのツイートを見られるくらいならいいが、アプリが勝手に新規フォロー、プロフィールの更新、ツイートをしてしまう。
更にはダイレクトメッセージを見られてしまう。
(ダイレクトメッセージは、本来はユーザー同士で「他人に見られないように」送るメッセージ。)

アプリ連携をキャンセルするにはブラウザでは、下記の通りのことを実行する。
「ふぁぼきゃんせらー」を例に出しているが他の連携アプリでも同じである。
  1. 右上の丸いプロフィールアイコンをクリックして「設定とプライバシー」を選択
  2. 左側のメニューの「アプリ連携」をクリック
  3. 該当アプリの「許可を取り消す」をクリック
c0240934_16580143.jpg

c0240934_16590742.jpg

以上で連携アプリのアクセス許可が取り消される。

他のアプリも同様であるが、「アプリ連携」する前に、実際に被害が出ているのか検索したほうがいい。

投稿者の場合も、アプリ名は忘れたが一度これと同じようなアプリに引っかかり、身に覚えのないツイートをされたことがあった。

ちなみに、民進党参議院議員の有田芳生さんもこのアプリと同様にツイッターアカウントを乗っ取られ、下記の画像のようなツイートをされてしまった。
勝手にツイートされるわけである。
c0240934_16595926.jpg

すぐに該当ツイートを消し、連携アプリのアクセス許可を取り消したため、具体的な被害は、ネット上で揶揄されたこと以外には無かった。
しかし国会議員がこのようなツイートをして、放置していたとしたら何らかの問題が出たかもしれない。

どうしてもこのようなアプリを使いたいというなら、覚えのないツイートが投稿されていないかや覚えのないアカウントをフォローしてないかを頻繁にチェックすることが必要であろう。
一度使うだけなら、上記の手順でアクセス許可を取り消すことを推奨する。


[PR]
by 1229n | 2017-08-07 17:01 | PC一般 | Comments(0)
<< 情弱は黙って無駄な金を支払うし... Youtubeの録音(ダウンロ... >>