WinZip Driver Updater (PUP)

PUPがインストールされないように注意していたのだが、WinZip Driver Updaterを入れてしまった。
(圧縮解凍ソフトのWinZipとは、全く別のもの)
Any Video Converterをインストールしたときに一緒に入ってしまった。

WinZip Driver Updaterはインストールされると、自身をスタートアップに登録し、自動的にコンピュータをスキャンする。
そこで、「ドライバーが古い」と恐怖をあおり、有料版(年間契約)を買わせようとする。
c0240934_05272262.jpg
(Windowsアップデートをしっかりしている限り、ドライバが古い(ましてやコンピュータの動作不具合につながる)という事は普通に考えればあり得ない。)

そして、「更新が必要なドライバー」の一覧を表示。
c0240934_05282843.jpg
c0240934_05304106.jpg
また時々勝手に「ドライバーの更新が可能」というポップアップ画面も出てくる。
c0240934_05293147.jpg
画面の指示に従って更新しようとすると、無料で一つのドライバーだけを更新するか、有料版で全部のドライバを更新するかを選択する画面になる。
c0240934_05304106.jpg
c0240934_05315230.jpg
有料版の価格は年間4423円である。

Malwarebytesで確認したところPUPとして検出された。
c0240934_05333196.jpg

レジストリもいじられていたようなので、そのまま隔離して終了。

[PR]
by 1229n | 2018-05-18 05:34 | マルウエア・クッキー等 | Comments(0)
<< HP ENVY5020 プリン... デスクトップ上のアイコンをダブ... >>