自分のWindows 10が32bitか64bitか確かめる方法

  1. Cortanaの検索窓(通常は画面左下のほうに「ここに検索して入力」と言う窓が出ている)に「システム」と入力。
  2. 「システム コントロール パネル」という項目が出てくるので、それを左クリック
  3. 「コントロール パネル>すべてのコントロール パネル項目>システム」表示されるので、そこで確認できる。

c0240934_08043238.jpg
c0240934_08043986.jpg


[PR]
# by 1229n | 2018-02-22 08:06 | PC一般 | Comments(0)

PDFの印刷禁止を解除 (Windows 10。フリーソフト。多分7やVistaでも可能)

印刷禁止になっているPDFを印刷したり、印刷を許可されていないPDFを印刷可能なPDFとして保存することは、フリーソフトだけで出来る。



まず、これが印刷禁止PDFファイル。これを強制印刷や印刷制限解除することになる。
Google Chromeで開き、メニューボタンで「印刷」を表示させても「印刷」の文字が薄くなっていて、印刷できないよう制限がかかっている。

c0240934_17250061.jpg

印刷禁止にされているPDFを印刷する。

用意するソフトウエアは、下記の2つである

  • Ghostscript 9.22
  • GSview 5.0


1. Ghostscript 9.22とGSview 5.0のインストールファイルのダウンロード
http://www.khotta.org/ghost/index.html#diskのページから、Ghostscript 9.22 (32bit版のgs922w32full-gpl.exe または64bit版のgs922w64full-gpl.exe)とGSview 5.0(32bit版のgsv50w32.exe または64bit版のgsv50w64.exe )をダウンロードする。
なお、ダウンロード先はc:\tempなど、ドライブ名から日本語や半角スペースなしで辿れるフォルダにする。

自分のWindows10が32bitか64bitかわからない場合は、こちらの記事に書いてある方法で確かめる。

2. ダウンロードしたファイルの実行
ダウンロードしたファイルからGhostscript 9.22、GSview 5.0の順でインストールする。(順番が違うと正常動作しないという情報があるので注意)


3. PDFのリネームと移動
GSview 5.0では日本語や半角スペースのあるフォルダ・ファイル名には対応していないので、PDFファイルの収納されているフォルダがそのような名前なら、c:\temppなどのフォルダにPDFファイルを移動する
また、PDFファイルに日本語や半角スペースがある場合は、PDFファイルの名前を変更する。(Windows 10の場合、PDFファイルをマウスで選択した後、「F2」キーでファイル名を変更できる)

c0240934_17253172.jpg

4. PDFファイルをGSview 5.0で開く
目的のPDFファイルを選択して右クリック。メニューから「プログラムから開く」を選択し、「別のプログラムを選択」で、gswiew64.exe (32bit版Windowsを利用の場合はgswiew32.exe)を選択してPDFファイルを開く。

c0240934_17255197.jpg
c0240934_17260457.jpg

5.印刷の事前設定
GSviewの「File」→「Print」メニューで印刷画面が出てくるので、プリンターを選択する。
Print Method で「Windows GDI printer」を選択し、「Settings」ボタンをクリック。
Coloursで「Full Colour」を選択して、「OK」ボタンをクリック。

c0240934_17263679.jpg

6.印刷

上記の設定を行うと「印刷」ダイアログになるので「OK」ボタンをクリック。
これで、印刷禁止のPDFファイルを印刷できる。
c0240934_17274776.jpg


印刷禁止を解除して印刷可能なPDFとして保存する。


用意するソフトウエアは、下記の3つである

  • Ghostscript 9.22
  • GSview 5.0
  • Primo PDF


1. Ghostscript 9.22とCGview 5.0のインストールファイルのダウンロード
http://www.khotta.org/ghost/index.html#diskのページから、Ghostscript 9.22 (32bit版のgs922w32full-gpl.exe または64bit版のgs922w64full-gpl.exe)とGSview 5.0(32bit版のgsv50w32.exe または64bit版のgsv50w64.exe )をダウンロードする。
なお、ダウンロード先はc:\tempなど、ドライブ名から日本語や半角スペースなしで辿れるフォルダにする。

自分のWindows10が32bitか64bitかわからない場合は、こちらの記事に書いてある方法 で確かめる。

2. Primo PDFのインストールファイルのダウンロードとインストール
窓の杜のPrimo PDF 紹介ページからPrimo PDFをダウンロードしてインストールする。
「Try Primo」の「Download Free」で良い。


3. PDFファイルのリネームと移動
GSview 5.0では日本語や半角スペースのあるフォルダ名やファイル名には対応していない。
PDFファイルの収納されているフォルダがそのような名前なら、c:\tempなどのフォルダにPDFファイルを移動する
また、PDFファイルに日本語や半角スペースがある場合は、PDFファイルの名前を変更する。(Windows 10の場合、PDFファイルをマウスで選択した後、「F2」キーでファイル名を変更できる)

c0240934_17253172.jpg

4. PDFファイルをGSview 5.0で開く
目的のPDFファイルを選択して右クリック。メニューから「プログラムから開く」を選択し、「別のプログラムを選択」で、gswiew64.exe (32bit版Windowsを利用の場合はgswiew32.exe)を選択してPDFファイルを開く。

c0240934_17255197.jpg
c0240934_17260457.jpg


5.PDF変換の事前設定
GSviewの「File」→「Print」メニューで印刷画面が出てくるので、プリンターで「PrimoPDF」を選択する。

c0240934_17301377.jpg

「Print Method」で「Windows GDI printer」を選択し、「Settings」ボタンをクリック。
カラーPDFに変換したい場合は「Colours」で「Full Colour」を選択して、「OK」ボタンをクリック。

c0240934_17315872.jpg

6.印刷制限のあるPDFファイルを印刷可能なPDF変換
GSviewの「File」→「Print」メニューで印刷画面が出てくるので、プリンターで「Primo PDF」を選択して、印刷操作をする。
PDFの保存先やファイル名などを指定して先に進む。


7.結果
この通り、Acrobat Readerで開くと印刷可能なPDFファイルとして利用できる。

c0240934_17323177.jpg


この記事作成に使った環境

  • パソコン:日本HP 500-540jp (Intel Core i7-4790、8GB DDR3-1600 / PC3-12800 DDR3 SDRAM UDIMM)
  • プリンター:キヤノン PIXUS MG6330、USB接続
  • OS:Windows 10 Home 64 bit (10.0.16299 N/A ビルド 16299)


[PR]
# by 1229n | 2018-02-19 17:34 | PDF関連 | Comments(0)

【未解決】Sweepクリーナー加速という偽のAndroidセキュリティアプリについて(Cloudfront.net)

アンドロイドのスマートフォンでニュース(ハフポスト日本語版)を閲覧中に突然ポップアップ画面が表れた。
c0240934_15002880.png
ここでOKをタップすると下記のような画面となって、アプリのインストール画面に誘導される。
c0240934_15010462.png
下記のトランスクリプションを見ればわかることだが、まず日本語が自然でない。28.1%という具体的な数字を出すためには数分かかるスキャンが必要であるはずだが、ほんの一瞬でポップアップするというところが怪しい。

というわけで偽セキュリティアプリ認定。

こちらに「Solved」という記事もあるがOSがWindows用でしかも有料なので試していない。

すでに導入済のセキュリティ対策アプリでスキャンして問題が無ければ、無視してOK。

Windows版ではSpyHunterという偽セキュリティソフトもありましたな。
やれやれ。

ウイルス対策ソフトウエアとしてはAvastの無料版をインストールしている。
<トランスクリプション>
お使いのシステムは、頻繁に4ウイルスによって破損しています!
私たちはあなたのKyocera 503KCが最近のアダルトサイトからのための4有害なウイルスを28.1%破損していることを検出します。すぐにそれはあなたの携帯電話のSIMカードを損傷し、が破損連絡先、写真、データ、アプリケーション、等になります。
あなたは今、ウイルスを削除しない場合、それはあなたの携帯電話に重大な損傷の原因。(中略)
このKyocera 503KCは、ウイルスに感染していると、ブラウザが真剣に破損しています。あなたはウイルスを削除し、すぐに修正を加える必要があります。このウィンドウを閉じないでください。
**あなたがこのままにしておくと、あなたが危険にさらされることになります**

その他スクリーンショット
c0240934_15014161.png
c0240934_15014830.png
c0240934_15020101.png

[PR]
# by 1229n | 2018-01-23 15:03 | マルウエア・クッキー等 | Comments(0)